東京喰種実写化はどうなる?

シェアする

女優清水富美加さんの出家報道で揺れた「東京喰種トーキョーグール」実写化ですが、果たして今後どうなるのでしょうか?今までの経緯と今後どうなるかについて調べて見ましたので、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

「東京喰種」実写化はどうなる?

2月11日、女優の清水富美加さんが出家したことが明らかになりました。これを受け、映画、ドラマ、CMなど各業界が慌てふためく異例の事態となりました。

「東京喰種トーキョーグール」実写化も例外ではありません。実写化「東京喰種トーキョーグール」で、清水富美加さんはヒロインの霧嶋董香役を演じる予定でしたので、今後どうなるのかと誰もが心配しました。

このことを受け、2017年2月13日、「東京喰種トーキョーグール」実写化のホームページ上にコメントが掲載されました。その内容は、現在状況を確認しており今後については関係各位と協議して決める、というものでした。つまり、今後どうなるかはまだ発表されていないということですね。

「東京喰種トーキョーグール」実写化は、既に撮影を終えていますので、取り直しとなるとかなりの手間になります。他の出演者の都合もありますし、清水富美加さんが演じる霧嶋董香役は物語のヒロインであることから、出演シーンも多いでしょう。撮り直しとなると更に予算も必要になるでしょうし、かなり難しい事だと思われます。

しかし、このまま公開するにも、教団が挙げる清水富美加さんが嫌だった仕事の中に、「人を食べる役」というのが入ってしまっていますので、芸能事務所が変わると使用NGになることもかなりの確率であるでしょう。

そう考えると、延期して撮り直しか、お蔵入りというのが妥当な所でしょうか。ファンからすると、お蔵入りよりは公開延期で撮り直しの方が良いのですが、果たしてどうなるのでしょうね。

「東京喰種」実写化以外の清水出演作品はどうなる?


もちろん、「東京喰種トーキョーグール」実写化以外にも、既に撮影を終えた清水富美加さん出演作品はいくつかあります。それでは、どんな映画があるのかと、公開予定についてご紹介していきます。

「暗黒女子」

まずは映画「暗黒女子」です。「暗黒女子」は、当初の予定通り4月1日に公開することが決定しています。「暗黒女子」は、秋吉理香子原作のミステリー小説を映画化した作品で、清水富美加さんと飯豊まりえがW主演を務めます。

この映画は予定通り公開するようですね。ミステリーということで、不可解な死の原因究明がテーマなのですが、こちらは宗教的には問題ないのでしょうか?

「笑う招き猫」

続いての出演作品は「笑う招き猫」です。こちらも、予定通り4月29日から公開されることが決まっています。「笑う招き猫」は、清水富美加さんと元SKE48の松井玲奈さんがW主演を務め、漫才コンビを組む映画となっています。

さらに「笑う招き猫」は映画に先立ち、MBSでは3月19日から、TBSでは3月21日から全4回のドラマを放送する予定です。このドラマに関しても、映画と同じく放送が決定しています。

漫才コンビによるお笑いの話であれば、宗教的には問題ないような気がします。この作品に関しては特に悪影響はないのではないでしょうか?

「泥棒役者」

最後は「泥棒役者」という映画です。こちらは11月に公開予定だったのですが、現在撮り直しをしているそうです。「泥棒役者」は、関ジャニ∞の丸山隆平さんが主演の映画で、元泥棒が泥棒であったことを隠すというコメディ映画です。

「泥棒役者」で、清水富美加さんの代役は、石橋杏奈さんが務めることになっています。「泥棒役者」は撮り直しになったみたいですね。なんでも少なくとも数千万円の賠償金がかかるそうですよ。さすがに撮り直しともなると膨大な額ですね。

まとめ

清水富美加さんが出演する映画の予定はおおかた発表されているようですが、唯一「東京喰種トーキョーグール」実写化についてだけが決まっていないようですね。漫画の実写化は作者の意向も反映されているでしょうし、既に撮影を終えていることもあり、協議が難航しているのかもしれませんね。

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら