東京喰種ネタバレ85話「隻眼」|9巻

シェアする

前回第86話は、金木研ら3人が6区の喰種を尋ねた所で終わっていました。金木研らが襲撃した喰種レストランについて書かれた東京喰種9巻第85話「隻眼」を、ネタバレありですがご紹介していきます。

スポンサーリンク

6区の喰種たち


第86話の始まりは、回想シーンからです。喰種レストランで美食を用意したと紹介する月山、出てきたのはカネキ、「今宵のディナーは皆さまです」月山は高らかにそう宣言するのでした。

場面は変わり、6区の喰種たちと会談をするカネキたち、内容はアオギリの襲撃でコクリアから脱出した喰種についてです。A層37人、S層5人、SS層3人が脱出しており、という喰種が脱出した可能性はかなり高いと言います。
情報元を教えろと言う6区の喰種に対し、素性は明かせないと答える月山、ただ利害が一致しているので虚言はないと答えます。どうやら鯱と言うのは6区の喰種たちのボスのようで、脱出したのに帰ってこないことに疑問を感じているようです。

アオギリが懐柔して組織に引き入れようとしているのでは?というカネキに対し、6区の喰種は、鯱は芯の通った喰種だからそんな連中の仲間にはならないと否定します。断るのであれば食べられるかもしれないと心配するカネキを見て、6区の喰種は怒りをあらわにします。

カネキは既に鯱について調べているようです。鯱は神代叉栄(かみしろまたさか)という名を名乗っているようです。神代と言えばリゼと同じ名字です。カネキは、鯱がリゼに繋がる鍵だと考えているようです。

そんな時、6区の喰種の中で唯一女性の人物がカネキに捜査官の動きが過激になっていると言い出します。7区の喰種レストランを何者かが襲撃したそうで、カネキの仕業ではないかと疑っているのです。

カネキは笑顔で否定しましたが、帰り道に6区の喰種は鋭いと話していました。月山も鯱の教育が行き届いているのだろうと評価しています。

レストラン襲撃

話は回想に戻り、月山カネキレストランに案内していました。レストランでマダムAの飼いビトとして登場するスクラッパーは不自然に体が肥大しており、何らかの人体実験の結果だと噂されています。

スクラッパーと言えば前回カネキが月山に騙されたときに戦った相手でしたよね。
東京喰種ネタバレ4巻第38話「解体」

この人体実験を行っているのが、嘉納教授の可能性があるというのが月山の考えのようです。万丈ら一味も清掃員に扮し、出口をふさぎます。月山の今宵のディナーは皆様ですという言葉の後、カネキは客席に飛び込み、「邪魔なんだよ」と襲い掛かります。

混乱の中には、あの宗太もいました。
東京喰種ネタバレ4巻第37話「晩餐」

マダムAを見つけたカネキは、一目散に襲い掛かりますが、2人の人物が立ちはだかります。

シロとクロ

カネキの前に立ちはだかったのは仮面をつけた2人の人物、1人は白の、もう1人は黒のフードをかぶっています。そしてその2人はお驚くべきことに、カネキの赫子を正面から赫子で受け止めたのでした。

2人はパパの言う通り隻眼が現われたと話しています。その2人はお互いをシロクロと呼んでしました。2人はマダムAが逃げるための時間稼ぎをしようとしているようです。戦っているうち、カネキはその2人の赫子が自分の赫子と同じだということに気づきます。

カネキは、その2人が自分と同じように、嘉納によってリゼから作られた喰種だということを理解しました。時間を稼いだ2人は、マスクをとり「またねお兄ちゃん」とカネキに挨拶します。シロは左眼、クロは右眼が赫眼で、なんと2人は同じ顔をした女の子でした。

まとめ

嘉納によって作られたと思われる、シロとクロというカネキと同じ隻眼の喰種が登場しました。だとすると彼女らの言うパパというのは嘉納のことなのでしょうか?何にせよマダムAを標的にしたのは正解だったということですね。

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら