東京喰種ネタバレ89話「奸計」|9巻

シェアする

前回第88話は、嘉納の手がかりを探しに、20区の嘉納総合病院へと向かうことを決めた所で終っていました。3人で嘉納総合病院を訪れる東京喰種9巻第89話「奸計」を、ネタバレありでご紹介していきます。

スポンサーリンク

不在の嘉納教授


第89話は、お腹が痛いのですがと笑顔で訴える月山から始まります。3人は嘉納総合病院に来ており、怪しまれないよう月山が受診するようです。カネキは、目立たないようにか、嘉納に会った時のためか、黒髪のウィッグをつけていました。

嘉納の姿が見当たらないと探すカネキ万丈、そこへカネキの担当だった田口という看護師が声をかけてきます。カネキの身体を心配する田口でしたが、嘉納は出張中だと言います。田口が言うには、どうやら嘉納はドイツの研究会に行っているようです。

病院を後にするカネキと万丈、海外だとどうしようもないと言う万丈に対し、カネキは何か考えているようでした。

受験勉強中のトーカ

場面は変わり、20区の区民図書館には勉強する高校生4人の姿がありました。女性は2人、依子トーカです。ある男性がトーカに志望校を尋ねると、トーカは上井と答えます。トーカは上井の理学部を志望しているようです。

上井は頭が良いらしく、落ちるよと心配されています。そんなトーカに依子が後でちょっと時間いい?と聞いてきます。ソワソワする依子の様子を見たトーカは、今日7月1日が自分の誕生日であることを思い出します。

トーカが自動販売機で飲み物を買っていると、「お姉ちゃん!」といきなり抱きついてきた人物が、なんとそこにいたのはヒナミでした。「元気だった?」と久しぶりの会話を楽しむ2人、トーカはヒナミの話からカネキも来ていることを知ります。

そこへトーカの名前を呼ぶ依子が走ってきます。眼帯の人から渡されたと、合格と書いたウサギのキーホルダーを渡されます。それを見たトーカはカネキだと気づき、走って探しに行きます。しかしカネキは見つからず、ずるいと言い哀しそうな表情を見せるトーカがいました。

嘉納の手がかり

そんなトーカをある建物の屋上から見守るのは、カネキ万丈です。会わなくていいのか?と聞く万丈に対し、カネキはトーカから喰種の世界を遠ざけたいと答えます。トーカの姿を見て、今更捜査官殺しなんてするはずはない、と自分に言い聞かせるカネキでした。

収穫はなかったと言う万丈に対し、なんとカネキはあったと答えます。カネキは嘉納の海外逃亡を考え、事前に渡航者リストを調べていたそうですが、嘉納の名前はありませんでした。

カネキはこの結果から、嘉納が看護師に噓をついたか、看護師が自分たちに嘘をついたかのどちらかだと言います。次の場面では、カネキが来たと嘉納に電話する看護師の田口の姿がありました。

一方、嘉納は、マダムAといた隻眼の喰種であるシロと一緒にいました。嘉納はリゼの赫包の移植を試しているようで、看護師の話を聞きカネキの経過を確認したいと話していました。嘉納の研究所と思われる場所には、捕らえられて赫包を利用されるリゼの姿がありました。

まとめ

徐々に嘉納に近づくカネキら3人ですが、このまま嘉納にたどり着くことはできるのでしょうか?一方カネキを探すトーカと身を隠すカネキ、2人は再び共に歩むことができるのでしょうか?

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら