東京喰種:reのネタバレ 124話|ブシンは黒山羊に来る!?

シェアする

東京喰種:re 124話のネタバレを考えていくのですが、この局面で動きが気になるのは小坂依子の夫、ブシンこと黒磐武臣ですよね。それでは、東京喰種:re 124話のネタバレを、黒磐武臣の動きから予想していきましょう。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ 124話|ブシンは黒山羊に来る!?

東京喰種:re第123話の最後は、六月が依子の写真と指輪がついた手の一部をトーカに見せて笑う、というなんとも耐え難いシーンで終わっていました。これは、やはり六月によって依子が被害を受けていると考える方が自然です。だとすると夫になるブシンは何をしているのでしょうか?

もし依子が捕らえられているとすれば、おそらく六月はブシンがいない時を狙ったのでしょう。ブシンは、素手でピエロの喰種を1人倒すほどの実力の持ち主ですので、いくら六月でもまともに戦うことは避けるはずです。

となると、六月が依子を捕えたのは、ブシンがいない間と考えられます。ということは、ブシンはまだこの事実を知らないはずです。ただ、東京喰種:re第123話で、瓜江が六月の部屋にあった依子とトーカの写真を見つけていますので、すぐにブシンに報告するはずです。

ブシンは、その名の通り戦国武将かのような武骨な立ち振る舞いをしますので、礼儀正しく取り乱したことなどありません。そんなブシンと言えど、六月がトーカ捜しを引き受けた本当の目的を知ると、おそらくかなり憤慨するでしょう。

ただブシンは、依子のために親友だったトーカを探すなど、人間らしい心優しい一面も持っています。にもかかわらず、捜索を依頼した六月がトーカを襲い、依子まで傷つけている、この事実を知ったらいかにブシンでも激怒するはずです。

依子が六月の手にあるのであれば、まずブシンは依子を助けに行きますよね。となると目的はトーカと同じということになります。ブシンは、もともと琲世を尊敬していたので、CCGや喰種にとらわれずに動くような気がします。

そう考えると、ブシンが黒山羊と行動を共にしてもおかしくはないですよね。ブシンは、依子を助けるために金木やトーカと手を組む、このシナリオはあり得ると思っています。

東京喰種:reのネタバレ 124話|ブシンは六月と戦える?

もし依子が六月に囚われているのであれば、ブシンは依子を助けるために、六月と戦わなければなりません。ただ、ブシンのあの性格で仲間の六月と戦うことができるのでしょうか?

ブシンは、規律を重んじる性格ですので、同僚である六月を攻撃できるのかが心配です。六月が持っていたのが本当に依子の手なら、六月は一般人を手にかけていることになるので、攻撃しても問題はないのかもしれません。

ただブシンは、戦闘中に才子を助けたりと仲間を大切に思う一面もありますので、六月と本気で戦うことはできないかもしれませんね。そうなると、やはり瓜江や才子が先頭に立たないと劣勢になるでしょう。

仮に金木やトーカが参戦していたとしても、トーカは依子の前では戦力を出せないでしょうし、金木も六月相手だと加減をするでしょう。ブシンにしても、クインクスや金木たちにしてもかなり戦いづらい状況になりそうですね。

まとめ

依子を六月にとらえられたかもしれないブシン、今はまだ気づいていないかもしれませんが、瓜江が六月の部屋を見た以上、時間の問題でしょう。自分の妻になる依子を傷つけた可能性があるのが同僚の六月という事実、ブシンにとってはこの上なく辛い状況ですよね。

ブシンがどんな決断をするのかはわかりませんが、彼の性格頭を抱えて悩んでいそうですよね。散々悩んだ末に瓜江らと行動を起こす、悩める同僚たちが刃を交える時は、近いのかもしれません。

東京喰種:re 124話、ブシンの登場があるのかどうかは分かりませんが、どのような展開になっていくのか楽しみです。ブシンや瓜江らCCGと黒山羊がどう絡んでいくのかも気になりますよね。

※追記:124話では、ブシンは全く出てきませんでしたね。まだ依子が連行された事実を知らない可能性もあります。もしくは、依子と一緒に捉えられている、依子の傍にいるというのも考えられますよね。ブシンと六月、そしてトーカらがどう絡んでいくのか楽しみですね。

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら