東京喰種:reのネタバレ 124話|半井が乱入か!?

シェアする

六月透の狂気的な乱入により混乱状態となっている東京喰種:re、今回はそんな東京喰種:re第124話のネタバレを予想してみました。今回注目したのは、鈴屋班半井恵仁の動きです。半井恵仁が乱入してくると考えた東京喰種:re第124話のネタバレ予想をご覧下さい。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ 124話|半井が乱入か!?

東京喰種:re第123話では、六月がついに本性をむき出しにして金木らに襲い掛かりました。金木は、六月にRc抑制剤を打たれ、戦えなくなっています。さらに、晋三平も参戦したことで絶体絶命の金木、トーカもある意味劣勢です。

六月は、東京喰種:re第123話の最後で、トーカに依子の写真と薬指に指輪をした手の一部を提示しました。トーカはそれを見て事態を悟ったようで、絶望することは間違いありません。金木は戦えず、トーカも依子のことで動けない、この場を治める方法はあるのでしょうか?

一部では、再び乱入者が登場するのではないかと言われています。乱入者は、瓜江や才子らクインクス班、依子の夫になる武臣、四方らなど色々と推測が飛び交っています。そこで私なりに乱入者を予想してみました。

私が予想した乱入者は、鈴屋班の半井恵仁です。半井は以前、クインケの師である安浦清子から晋三平を気にかけてほしいと頼まれていましたよね。さらに前回のピエロとの戦闘で、六月や晋三平の変貌ぶりも目にしています。

これらのことから、晋三平や六月をマークしていたとしても不思議ではありませんよね。隊長の鈴屋は、旧多を疑い倉元とシャトーに相談に来ていたぐらいですので、情報を把握するために鈴屋班の班員が裏で動いていてもおかしくはありません。

東京喰種:reのネタバレ 124話|半井が乱入するとどうなる!?

東京喰種:reの124話で半井が乱入したとして、戦況は変わるのでしょうか?個人的には、金木やトーカがピンチの時に半井が乱入し、金木らを助けるのではないかと考えています。

六月や安浦はクインクスなので、Rc抑制剤を受けると戦闘力が大幅に落ちるはずです。つまり、CRcガスなどを使えば、金木やトーカはもちろん、六月や安浦を無力化することもできるのではないでしょうか?

CRcガスなどを使って4人を無力した後、半井が金木らを助け出し、鈴屋班と合流させる、こういった流れもあり得るのではないかと考えています。実際、鈴屋や倉元は、琲世は生きているとシャトーに話をしに来ていましたからね。

鈴屋や倉元は、一度金木と話し合いたいと考えていそうですよね。話し合った結果、鈴屋班がどう出るのかは分かりませんが、少なくとも話もせずに金木を仕留めるということはまずないでしょう。

乱入してきた半井がその場を収める、これが私の考える東京喰種:re第124話のネタバレ予想です。

まとめ

今回、東京喰種:re第124話で半井が乱入してくると予想しましたが、もちろん半井の介入はここではない可能性もあります。安浦清子が半井に晋三平を託していたので、どこかでこの伏線が回収されるであろうことは間違いありませんが、それはこのタイミングではないのかもしれません。

最終的に半井が落ちてしまった晋三平を駆逐するかもしれませんし、私が予想したようにこのタイミングで登場するかもしれません。このタイミングで登場してくれた方が、悲劇なく済みそうで嬉しいですけどね。

ただ、悲劇を連発するのが東京喰種ですので、そううまくは事が進まないのでしょうね。個人的には、半井に登場してもらい、事が穏便に済むことを願っています。大きく荒れた展開が待っていそうな東京喰種:re第124話、本誌の発売が楽しみですね。

※追記:ヤングジャンプが発売し、124話が公開されましたが、乱入者はいませんでしたね。どこかで半井が絡んでくるように思うのですが、ここではなかったようです。鈴屋班の連中は、情報収集でもしているのでしょうか?