東京喰種:reのネタバレ 124話|トーカの動きは?

シェアする

東京喰種:re第124話のネタバレを予想していきますが、今回はトーカこと霧嶋董香についてです。完全に巻き込まれた形となったトーカが、東京喰種:re第124話でどんな動きをみせるのか、ネタバレを予想していきたいと思います。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ 124話|トーカの動きは?

東京喰種:re第123話では、六月がトーカに依子の写真と指輪をつけた手の一部を見せていました。これに反応するトーカ、東京喰種:re第124話はこの続きから始まります。

以前までのトーカは、同じような状況になると、頭に血が上り敵に突撃していました。しかし、今のトーカは復讐を捨てています。先日、アキラと話している時に、復讐を否定したばかりですので、さすがにここで暴走することはないでしょう。

現状では、六月が明らかにトーカを挑発しています。六月が依子を使ってトーカに何を求めるのかは分かりませんが、明らかにトーカの逆鱗に触れています。ただ、ここで堪えられるかどうかでトーカの成長が見られる気がします。

トーカは、冷静に状況を判断して、怒りを堪えるのではないかと思っています。一度逆上したように見せかけ、攻撃するふりをして金木を連れて逃げる、これぐらいできてもおかしくないのではないでしょうか?

確かに、依子は六月にとらえられている可能性が高いですが、すぐには命を奪わないことを分かっていそうです。この状況でトーカがいかに冷静な判断ができるか、そこにトーカと金木の命運がかかっているように思います。

東京喰種:reのネタバレ 124話|トーカは挑発に乗る?

仮に東京喰種:re第124話でトーカが挑発に乗った場合、金木とトーカは劣勢になるでしょう。もしトーカが暴走するのであれば、その場を収めるのは第3者となるでしょう。この場合は、アキラなんかが有力ではないでしょうか?

トーカは先日、アキラに対し、復讐を否定していたので、今度はアキラがトーカを否定する、といった展開が待っていそうな気もします。アキラと亜門が通りかかって、金木とトーカを助ける、この流れもうまくまとまるんですよね。

ただ、今回の六月の目的は、トーカとの戦闘ではない気もしていますので、そこまで大きな戦いにはならないかもしれませんね。六月は、トーカに対してわざわざ依子を臭わせる演出をしていますので、何か戦闘以外の狙いがあるように思えます。

六月の狙いは、いまいちピンと来ていないのですが、依子の金木の交換や、トーカが苦しむ顔を見るため、などでしょうか。何にせよトーカへのダメージは大きいでしょうね。依子を守るために、トーカが六月の人質になる、というパターンもあり得るかもしれません。

まとめ

結局トーカはどう動くのかという点についてですが、トーカはあくまで冷静に徹すると思っています。暴走せず、最後まで六月と冷静にやり取りを行うのではないでしょうか。もしかするとこれ以上の戦闘にはならず、用件だけを告げて六月らが去っていくかもしれませんからね。

そうなると、六月の目的は、トーカとの約束ということになります。依子でトーカを誘きだして地獄を味わわせる、今の六月はそういった非情なことも考えていそうですよね。となると、今は逃げておいて後から仲間と依子と助けにいく、という形が好ましいと思います。

ただ、依子と関りがある人物は、黒山羊の中にはいないので、金木が瓜江らに協力を依頼する必要があるでしょう。金木は、瓜江らと依子の繋がりを知らないでしょうけど、六月のことは相談できますよね。

金木は、六月と晋三平のことを瓜江らに相談しに行かざるを得ない状況のように思います。金木は、瓜江らが自分を恨んでいると思っているでしょうから、中々足を運べないかもしれませんが、最終手段としてはあり得るでしょう。

来週の東京喰種:re第124話、トーカがどう動くのか楽しみですよね。

※追記:124話の気になるトーカの立ち回りですが、冷静に徹して金木と逃げだしたので、おおむね予想はあっていたのではないでしょうか。結局、六月の目的は、トーカの連行だったようですね。今回は、冷静に徹したトーカの勝ちですね。