東京喰種:reのネタバレ 124話|瓜江は参戦する!?

シェアする

123話で六月透が金木研らを襲った東京喰種:re、かなり面白くなってきましたね。今回は、124話のネタバレを予想してみます。テーマは話題になっている瓜江は参戦するのか?それでは、東京喰種:re 124話のネタバレ予想をご覧下さい。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ 124話|瓜江は参戦する!?

東京喰種:re第123話で六月と晋三平に襲撃された金木とトーカ、どうやってこの局面を切り抜けるのかに注目が集まっています。ここで気になるのがクインクス班の班長である瓜江の行動ですよね。

瓜江は、東京喰種:re第123話で六月の部屋に入った際、ナイフが刺さった壁一面の写真を目撃しています。瓜江がいかに武臣と仲が悪いと言っても、さすがに妻となる依子の顔ぐらいは知っていますよね。仮に瓜江が知らなくても、才子が知っています。

瓜江は、おそらく六月の部屋の事を才子に相談するはずです。そうなると、才子が武臣に報告し、3人が集うという構図ができるのは明らかです。六月がトーカを狙っていることは明らかですが、問題は瓜江らにトーカに繋がる手掛かりがないことです。

東京喰種:reのネタバレ 124話|瓜江らは「:re」にたどり着ける?

佐々木琲世が捜査官だった頃、琲世と一緒に「:re」を訪ねたのは六月と不知です。つまり、現状、六月以外は「:re」やトーカのことを知らないんですよね。確かに、才子は一度病院でトーカとすれ違っていますが、それだけでは居場所は分からないでしょう。

また、以前佐々木琲世を捜索している時に、六月は喫茶店「:re」を調べていました。捜査は晋三平や髯丸も行っていたので、もしかすると髯丸あたりが「:re」を知っている可能性はあります。この辺りが繋がれば「:re」にたどり着けるのかもしれませんが、難しいでしょうね。

となると、やはり瓜江らの参戦は厳しいのではないかと思われます。仮に「:re」にたどり着いたとしても、おそらく戦闘は終わっているでしょう。個人的には、参戦してくるとしたら別の人物だと思っています。

東京喰種:reのネタバレ 124話|半井が乱入か!?

まとめ

東京喰種:reの124話で、瓜江らが参戦するかどうかを予想してみましたが、参戦はないと思っています。理由は、やはり瓜江らが事態を把握したとしても、間に合わないからです。

確かに、瓜江は頭がキレるし、捜査能力も高いので、「:re」までたどり着けるかもしれませんが、この一刻を争う状況だと間に合いませんよね。瓜江が動くのは、才子や武臣と相談してからになると思いますので、今回の参戦はないでしょう。

ただ瓜江は、六月らの今後に大きく関わってくるであろう人物だとは思います。瓜江は、クインクスがフレームアウトした時は、容赦しないと話していましたが、フレームアウトした自分を才子は助けました。

このことで、瓜江の考えは変わっているのでしょうか?瓜江の考えが変わっていないのであれば、瓜江は六月と晋三平に駆逐の指令を出すでしょう。しかし、瓜江の考えが変わっているのであれば、なんとか方法を探すかもしれません。瓜江は誰一人失いたくないとも話していましたしね。

六月は、フレームアウトで暴走しているわけではないので、Rc抑制剤で戦闘不能にした所で、力が戻れば再び金木を襲います。となると、やはり六月を駆逐するしかないのでしょうか?もしくは、瓜江が何らかの方法で六月を救済するのでしょうか?

個人的には、今回の六月の動きは、瓜江らCCGの反旧多派と黒山羊とを結びつけるためのものだと思っていますので、六月の駆逐はあり得るかもしれませんね。もしくは、晋三平は清子が、六月は瓜江や才子ではなく鈴屋あたりが救済するという可能性もあるかもしれません。

できれば、六月は真っ当な人物に戻ってほしい所ですが、さすがに厳しいですよね。六月が本当に依子を手にかけていれば、クインクス班+武臣VS六月という構図にもなりかねませんからね。

※追記:やはり124話で瓜江の参戦はありませんでしたね。しかし、写真についても言及がなかったのは意外でした。ただ、瓜江と鈴屋が話をするシーンがあったので、瓜江が黒山羊に来る可能性はあがったように思えます。

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら