東京喰種:re 125話「X」ネタバレ|12巻

シェアする

前回の東京喰種:re 124話は、金木研と霧嶋董香が六月透やオッガイから逃げ出し、ビルで一息ついた所で終わっていました。東京喰種:re 125話「X」のネタバレでは、なんと2人の関係が急加速します。

それでは、金木研と霧嶋董香が気になる東京喰種:re 125話「X」を、ネタバレもありつつご紹介していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:re 125話「X」ネタバレ

東京喰種:re 125話「X」は、唇を重ねる金木とトーカから始まります。当初、大方の予想では、ここから進展はない、もしくは描写されないだろうと考えられていましたが、意外にもさらなる描写がありました。

唇を重ねた金木とトーカは、ここからさらに進展していきます。あまり詳しく説明はしませんせんが、そういうことです。東京喰種:re 125話「X」は、1話全てを使って、2人が愛を育む回となりました。

とまどいながらも身体を重ねる2人、その姿に少し感動してしまいました。実際、金木も涙を流していましたので、深く心に刺さるものがあったのだと思います。

東京喰種:re 125話「X」は、蝶の描写に始まり、最後はトーカの膝の上で眠りにつく金木で終わります。最後のコマの2人からは、蝶の触角が伸びているようにも見えました。これは金木とトーカは、蝶になったということなのでしょうか?もしくは金木だけかもしれません。

蝶の意味については、こちらの記事で予想してみました。

東京喰種:reのネタバレ 126話|蝶が意味するものとは!?

意外にも2人の描写だけで終わった東京喰種:re 125話「X」、来週の126話からはどんな流れになるのでしょうか?

東京喰種:re 125話「X」ネタバレの感想

東京喰種:re 125話「X」1話をかけて関係を深めた2人、これで2人は恋人同士になるんですかね?正直、金木とトーカが恋人同士になるイメージが湧きません。恋人同士になった所で、何も変わりそうにないんですよね。

改めて、恋人同士になるという確認をするとは思えませんので、自然と2人の間でそういう認識になっている状態が続く気がします。金木は、告白どうこうをしなさそうですしね。

さて、東京喰種:re 125話「X」でこのくだりを描写したからには、なにか意味がありそうですよね。東京喰種は、かなり伏線を張っていたりするので、今回も何かあるのではないかと勘ぐってしまいます。

ただ、今回の場合は、何かを仕込んだというよりは、金木が変わるきっかけとなる回だったのではないかと思います。中休みというわけではないですが、ここからストーリーが加速していくのではないでしょうか?

丁度、六月が強引な手段で「:re」を奇襲した所ですし、瓜江も六月の部屋を見て異変に気付いています。さらに、瓜江や鈴屋も少しずつ今のCCGから離れつつあるように思います。

つまり、来週126話からは、金木とトーカの関係も含めて、展開が大きく動いていくのではないかと思っています。今まで逆風続きだった「黒山羊」にも、ついに追い風が吹いて来そうですよね。

金木は、トーカとの一件で命を大事にし出すでしょうし、CCG反吉福派の捜査官たちも合流するかもしれません。丸手や、まだ見ぬヒデの動きも気になりますし、何か大きな流れが起きそうですよね。

今週号が発売したばかりで気が早いかもしれませんが、来週126話からの展開が楽しみですね。

まとめ

今回、東京喰種:re第125話「X」は、一部ではかなり盛り上がっているようですね。個人的には、どこか深い愛情を感じる、とても温かい回だったように思えました。

事象だけを見ると衝撃的な回ですが、金木やトーカの気持ちを考えると、凄く優しい気持ちになりました。描写自体も美しかったですし、感情を表現するような言葉はないものの、なぜか言葉以上に感情が伝わってきたような気になりました。

人により、感じ方は大きく違うと思いますが、私が感じたのは、やはり深い愛情でした。これから2人がどうなっていくのか気になりますね。