東京喰種:reのネタバレ 126話|政は生きている!?

シェアする

東京喰種:re第126話のネタバレを考える時に、結局どうなったのか気になる存在が和修政ですよね。今回は、政が生きているのかに的を絞って、東京喰種:re第126話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ 126話|政は生きている!?

東京喰種:re第126話のネタバレを、をメインにして考えるにあたって、まず考えるべきは政が生きているのかどうかです。政は、東京喰種:re第116話で、介子にやられてしまいましたよね。

その時、政は滅茶苦茶に斬られたと書かれていました。しかし、よくよく考えると、斬られたと書かれているだけで、命どうこうについては記載がないんですよね。まぁ普通であれば斬られたら命を落とすのですが、政は和修家なので喰種のはずですよね。

となると、斬られただけでは、政の命に別状はないような気がします。ただ、介子らV側に政を生かしておく理由がないのもまた事実です。実際に、政は介子に邪魔だと言われていましたからね。

仮に、政を生かしておくのだとすれば、その理由はせいぜい赫包をオッガイに利用するぐらいでしょう。というか、その前にそもそも政は喰種なのかも気になります。東京喰種:re第116話で政がVらと戦った時、彼は赫眼になっていないんですよね。

政は、戦闘で一度も赫眼になっていませんし、赫子を使ってもいません。CCGの捜査官たちに気付かれないようにしていたのかもしれませんが、116話の戦場ではおそらく全員が敵だったはずです。

つまり、政は一度も喰種だという情報がないんですよね。確かに、頭を剣で貫かれても生きていたことから考えても間違いなく喰種なのですが、ではなぜ赫子を使わなかったのでしょうか?

有馬は、金木との最後の会話で、和修が人間になろうとしていたのでは?と予測していましたよね。これが関係しているのでしょうか?吉時は赫眼でしたが、息子の政は喰種の血が薄まっている、そう考えるのも1つなのかもしれません。

そもそも、東京喰種は、基本的に最後のシーンを描かれない人は、生きていることが多いんですよね。政は、特に生かされる理由がないとは思いますが、最後のシーンがなかったので、もしかすると生かされているのかもしれません。喰種なら赫包を利用できますしね。

東京喰種:re第126話のネタバレ予想は、この記事だけではありません。

東京喰種:reのネタバレ 126話まとめ

東京喰種:reのネタバレ 126話|政の功績とは?

その生存は不明ですが、東京喰種における和修政の功績はあるのでしょうか?

仮に今後活躍することないとして、現在における政の功績を考えてみました。政は、父である吉時を失って廃人になり果てていましたが、瓜江の一言で気力が戻ってきました。しかし、吉福の策により、行方不明となってしまいます。

これだけ見ると、政は功績がないように思えますが、個人的には1つ重要な功績があると思っています。それは、瓜江を傍に置いていたことです。政は、和修殺しが吉福の仕業だと睨み、警戒していました。そして行方不明になる前、それを瓜江に伝えていましたよね。

その後、政は急に行方不明になったわけですので、瓜江が吉福を疑うきっかけとなっているんですよね。後に、瓜江はこのことを鈴屋や倉元と共有していますので、政の鋭い読みは、結果的に吉福への疑念を増大させることに繋がっています。

さらに政は、行方不明になるまでS2班の班長を務めていました。しかし、急遽彼が行方不明になったことで、瓜江が後を継いでS2班の班長となり、上等捜査官に昇格もしています。

これで、瓜江はCCGの中枢に入ることが出来ましたので、これはかなり大きいのではないでしょうか。さらにS2班の戦力を得たことも大きいですよね。鈴屋も吉福を疑っているようなので、S3班の戦力も加わるとすれば、かなりの戦力が確保できます。

S1班の班長は田中丸になりましたが、彼も話せばわかってくれそうですよね。吉福は、おそらく嘉納やオッガイ、ピエロなど、自分の周囲の人員しかあてにしていないので、CCGの戦力が寝返っていても気づかない可能性があります。

その場合、黒山羊と組んでCCGの捜査官達が一斉に反旗を翻せば、吉福の政権は一気に崩れ去るかもしれません。金木が以前、吉福の方が都合が良いと言ったのは、政と違って信用を得られないからなのかもしれませんね。

現存するCCGを潰すと考えるのであれば、瓜江の昇進に、吉福が上に立ったことなど、政の功績は大きいのではないでしょうか。

まとめ

今回は、政の生死にスポットをあてて、東京喰種:re第126話以降のネタバレを予想してみました。東京喰種:re第126話で政が登場するとすれば、おそらくカプセルの中だと思いますが、瓜江や鈴屋が動き出すとすれば政の功績は大きいですよね。

現在の瓜江の地位は、まさに政に導かれたような形で手に入っていますので、政がいなければこの状況はありえませんよね。政の生死は分かりませんが、政のとった行動が実を結んでいくのであれば、政の功績は評価されるべきでしょう。

政が登場する可能性は低いかもしれませんが、瓜江の今後の動きに期待しつつ東京喰種:re第126話を心待ちにしましょう。

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら