東京喰種:reのネタバレ 128話|王は金木?

シェアする

東京喰種:re 128話のネタバレを予想するうえで、気になるのは127話ででてきた王が誰なのかですよね。普通に考えれば金木研ですが、何か違うように思えます。

東京喰種:re 127話の王が金木研なのかどうかについてをメインに、東京喰種:re 128話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ 128話|王は金木?

東京喰種:re 128話のネタバレを予想する時に、真っ先に気になるのが127話にでてきた王の存在です。東京喰種:re 127話でと呼ばれていたのは、本当に金木なのでしょうか?

私の予想では、あれは金木ではないように思います。もしあの王が金木なのであれば、1話をまたぐほどもったいぶった登場はしないのではないでしょうか?金木が王であることは、読者なら誰でもわかっていることなので、別の人物である気がします。

月山は、東京喰種:re 127話で、攻勢に転じたかったと言葉を濁していました。つまり、何か理由があって、攻勢に出ることができなくなったということです。この何かの理由を解決するために、その場を月山らに任せ、金木はどこかで働いているのではないでしょうか。

ということは、あの王と呼ばれる人物は、仮の王であり金木ではないことになります。もし予想があっていれば、なぜそこまでするのかは謎ですが、何か理由があるのでしょう。主力クラスが月山とナキしかいないのが、何よりの証拠だと思います。

では、王が金木ではないとしたら、代役を務めているのは誰なのでしょうか?

東京喰種:reのネタバレ 128話|王は金木じゃないなら誰?

もし、王が金木ではないのだとしたら、誰が代役を務めるのでしょうか?

黒山羊の王は、確か隻眼だとされていましたよね。そもそも隻眼の王が黒山羊の王のはずです。つまり、隻眼じゃないと王の代役は務まりません。現在、隻眼なのは、亜門と滝澤のみです。

亜門は、アキラとどこかへ旅立ってしまいましたので、代役を務めているとしたら、滝澤ではないでしょうか?ただ、滝澤も個人行動をしていましたので、黒山羊にいるかは疑問ではあります。

ただ、王の代わりをするのであれば、滝澤か亜門しか選択肢がないので、可能性が高いのは滝澤のように思えます。では、王の代役を誰かが務めていたとして、金木は何をしているのでしょうか?

私の予想では、金木は仲間を集めているのではないでしょうか?それも喰種ではなく人間の仲間をです。つまり、CCG側の人間を引き込もうとしているということです。

金木は、東京喰種:re 126話でブシンと依子の結婚式を眺めていましたよね。そこで、鈴屋や瓜江らを見たはずです。もし、彼らを見て戦力だと感じていたら、勧誘したいと思っても不思議ではありません。

偶然なのか、東京喰種:re 127話には鈴屋の姿がありませんでした。これは、単に召集されていないだけかもしれませんが、吉福の呼び出しを無視したともとれます。鈴屋らと吉福との関係が良くないことに金木が気付いたとしたら、勧誘という意外な行動に出るのもありですよね。

普通に考えれば、今は喰種とCCG捜査官なので、金木が鈴屋と接触するのはリスクが高すぎます。しかし、鈴屋なら話が出来るのではないかとも考えてしまいます。鈴屋は敵にすると恐ろしいですが、他人に従わないという芯の強さは持っているように思えます。

そうなると、鈴屋にかけてみたいと考えたくなるんですよね。あくまで私の予想ですが、仮に鈴屋の返答がNOでも、鈴屋はその場で金木を駆逐しない気がします。

東京喰種:re 127話で登場した王の正体はまだわかりませんが、展開が変わることは間違いないでしょうね。

こちらで他の東京喰種:re 128話のネタバレ予想記事も紹介しています。

東京喰種:reのネタバレ 128話まとめ

まとめ

今回は、127話で登場した王をメインとして、東京喰種:re 128話のネタバレを予想してみました。果たして、あの王は誰だったのでしょうか?そしていきなり拠点を地下24区に移した理由は、何だったのでしょうか?

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら