東京喰種:reのネタバレ 128話|月山の言葉の意味は?

シェアする

東京喰種:re 128話のネタバレを考えるにあたって、気になるのが月山習ですよね。東京喰種:re 127話で意味深な発言をした月山習、その発言の意味を考えながら東京喰種:re 128話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ 128話|月山の言葉の意味は?

東京喰種:re 1127話で月山がした気になる発言、それは現状を攻勢に転じたかったと表現したことです。攻勢に転じたかったということは、転じられなかった原因があるということですよね。

なぜ黒山羊は攻勢に転じられないのでしょうか?私なりにいくつかの可能性を予想してみました。

まず1つ目は、コンテナで合流する予定だったのが、合流できなかったということです。東京喰種:re 122話で、オッガイの存在を知った金木は、黒山羊がそれぞれ別行動することを提案しました。

そして、日時を指定してコンテナに集まり、連携をとることにしていましたよね。金木ら黒山羊は、この集合に失敗したのではないでしょうか?

失敗の理由として、可能性があるのは、誰かがオッガイの襲撃を受けたか、もしくはコンテナが襲撃されたかです。誰かが襲撃を受けたとして、約束の場所に全員そろっていなければ、金木はおそらく探しに行きますよね。

散り散りになってしまった仲間を集める、これが攻勢に転じられない理由ではないでしょうか?コンテナが襲撃された場合も同様ですよね。オッガイから逃げるために、仲間が散り散りになるでしょうから、集合から開始になります。

また、別の可能性として、誰かが攻勢に出るのを反対した可能性もあります。現在、吉福らCCGは地上の喰種を殲滅しています。この活発な動きが収まるのを待っているのではないでしょうか?

今は戦力を集めながら期を待ち、CCGの活動が緩まれば一気に攻勢に転じるというのも作戦の1つですよね。勝ち目がない時に攻めて負けるのは、愚策と言えるでしょう。

ただ、それにしては月山の反応がネガティブな気もします。明確な理由があるのであれば、今は戦力を整えているとか、機を待っているなどのポジティブな発言が出るはずです。やはり、黒山羊に何かあったのでしょうか?

東京喰種:reのネタバレ 128話|月山の目的は?

月山の言う王が何者かはわかりませんが、今の月山の目的は何なのでしょうか?

現状で考えられる月山の目的は、地上の喰種救出と黒山羊の戦力補強ぐらいでしょう。現在地上を追われている喰種は、間違いなく仲間になってくれるでしょうし、24区の喰種も戦力として貴重です。

このまま戦力を補強しつつ機を待つ、それが月山の目的ではないでしょうか。

しかし、月山とナキしかいないのはなぜなのでしょうか?それぞれ分散して戦力を集めているんですかね?しかし、戦力を分散してオッガイに見つかると厄介ですよね。見つからない自信でもあるんですかね?

もしくは、単に襲撃を受けて散り散りになってしまっているだけなのか…。いずれにせよあまり良い状況ではなさそうですよね。月山がいるのに、父である観母や掘の姿が見えないのも気がかりです。何事もなければいいんですけどね。

月山の目的や、東京喰種:re 127話で出てた王と崇められる人物の正体は分かりませんが、東京喰種:re 128話で多少は明らかになることでしょう。金木の右腕とも言える月山、彼と金木の間で意思疎通が出来ないのであれば黒山羊は間違いなく窮地に陥るでしょう。

東京喰種:re 128話のネタバレ予想記事は、他にもあります。

東京喰種:reのネタバレ 128話まとめ

まとめ

月山の言葉の意味を考えながら東京喰種:re 128話のネタバレを予想してみましたが、あまり良い状況ではなさそうですね。金木とトーカは黒山羊に帰ってきているのか、それともやはり黒山羊は散り散りになってしまったのでしょうか?

いったい黒山羊に何があったのか、皆の無事を祈りつつ東京喰種:re 128話を待つとしましょう。

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら