東京喰種:re 128話「膳」ネタバレ|12巻

シェアする

前回東京喰種:re 127話のネタバレでは、ドロドロになった謎の王が登場して終わっており、東京喰種:re 128話に含みを持たせた形でした。そして、東京喰種:re 128話「膳」では、王の姿が明らかになります。それでは、東京喰種:re 128話「膳」ネタバレありですがご覧下さい。

スポンサーリンク

東京喰種:re 128話「膳」ネタバレ

東京喰種:re 128話「膳」のネタバレを簡単にご紹介します。

東京喰種:re 128話「膳」は、ドロドロになって登場する金木から始まります。前回、誰だと話題になっていた謎の王は、金木でした。どうやら、金木は地上でCCGの捜査官たちと戦っていたようですね。

金木は、相変わらず捜査官の命を奪わないようにしており、クインケのみを持ち帰っていました。そんな金木に業を煮やす月山、しかしあくまで月山は王に従います。

その頃、トーカは子供たちと遊んでいました。そこへニシキが意味深な小包を持ってやってきます。ニシキは小包をトーカに渡し、理由は聞かないと去っていきました。

CCGでは、半兵衛と話をする什造が。半兵衛は、今までよりもさらに自分を顧みない什造が心配になっているようです。什造は、戦いが終わるなら喰種にでもなると、これまた意味深な言葉を吐き捨てるのでした。

そして、吉福が言うラスボス「竜」、吉福の味方とのことですが、どんな人物なのでしょうか?

加えて以前CCGを滅ぼしかけた隻眼の存在と、24区深部に出現した街、ここから話が大きく動いていきそうですね。

東京喰種:re 128話「膳」ネタバレの感想

前回127話で誰なのかと話題になっていた王は、普通に金木でしたね。月山が攻勢に転じたかったと濁していたのは、相変わらず金木が人間を傷つけまいとしているからのようです。

金木は、今やかなりの実力を持っていますので、まともに戦えばそうそう負けないでしょう。加えて、黒山羊にはかなりの実力者が集まっていますので、一気に攻勢に出たら、善戦できるのかもしれません。

しかし、金木がヒトの命を守るとなると、一気に窮地に陥る可能性もあります。金木が命を奪わないと分かっていれば、金木を集中して落とせばいいだけの話ですからね。王である金木が落ちれば、一気に黒山羊は全滅するでしょう。

しかし、金木はどうやって戦うつもりなのでしょうか?やはり昔CCGを追い詰めたという隻眼を探す気なんですかね?今の所、喰種が殲滅されるわ、相手は「竜」というラスボスを出してくるわで勝てるイメージが湧きません。

やはり、鍵となるのは地下深くに潜ったアヤトだということでしょうか。

一方、トーカがニシキからもらった小包は何なのでしょうね?あまり良いイメージはありませんが、やはりそういうことでしょうか?前回までの流れを考えると、トーカに子供が…と考えてしまいますよね。

ニシキが深く詮索しないのも、そういう流れなのかと思ってしまいます。トーカと金木の子供、それを分かっていて金木は自分を追い詰めているのでしょうか?もしくは、単にトーカという大事な人が出来たからなのか…。

何にせよ、金木が自分を追い込んでいるのは、トーカの為だと考えて間違いないでしょう。

最後に吉福が言い放ったラスボス「竜」、「竜」は和修のルーツだそうですが何か関係があるのでしょうか?背景にクインクスがうつっていたのも気になります。和修家とクインクス、この両者の関係性もあるのかもしれません。

願わくば、クインクスが犠牲にならないことを祈るばかりです。

東京喰種:re 128話「膳」ネタバレのまとめ

東京喰種:re 128話は、最終局面への序章といった感じでしたね。

金木の王としての決意、吉福が用意するというラスボス「竜」、そして伝説の隻眼に24区の深部の街、まだ謎ばかりですが、これからどんどん明らかになっていくでしょう。

劣勢の黒山羊が、どう盛り返していくのかも楽しみですよね。

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら