東京喰種reのネタバレ 129話|隻眼の喰種が登場か!?

シェアする

東京喰種re129話のネタバレを考えるうえで、気になるのはやはり昔の隻眼の喰種の話ですよね。東京喰種re128話でアヤトが見た街は、隻眼の喰種らがつくったものなのでしょうか?

果たして隻眼の喰種は登場するのか、このことに主題をおきつつ東京喰種re129話のネタバレを予想していきたいと思います。

スポンサーリンク

東京喰種reのネタバレ 129話|隻眼の喰種が登場か!?

東京喰種re129話の最後、24区の深層への向かうアヤトは、ついに光明となり得るものを見つけました。それはです。

24区の深層でアヤトが見た街、これは隻眼の喰種がつくったものなのでしょうか?

かつて隻眼の喰種は、地上の喰種たちを率いてCCGを壊滅寸前まで追い込みました。しかし、CCGはこれに対抗して「V」と思われる組織を生みだし、隻眼の喰種を地下に追いやります。

普通に考えたら、地下には食糧がないので喰種は生きていけないはずですが、アヤトが見たのは地上にあるような街です。人間が地下で生活する必要がないので、この街にいるのは明らかに喰種です。

ということは、この地下の街にいる喰種たちは、食糧の問題を解決しているのではないでしょうか?

食糧の問題が解決できるのであれば、飢えに苦しむ黒山羊たちも反撃に出られるかもしれませんよね。ただ、それ以上にこの地下の街にいるのがかつての隻眼の喰種とその仲間たちなのだとしたら、かなりの戦力になりますよね。

もちろん、隻眼の喰種本人は年老いて衰えているかもしれませんが、老いるといっても芳村はあの強さでしたからね。伝説の隻眼の喰種がその辺りの喰種では相手にならないほど強くても、不思議ではありません。

ただ問題は、隻眼の喰種がいたとして、力を貸してくれるかですよね。

東京喰種reのネタバレ 129話|隻眼の喰種は味方?

仮に24区深層の街に隻眼の喰種がいたとして、果たして力を貸してくれるのでしょうか?

もし力を借りることができるとしたら、それは利害が一致した時でしょう。そもそも隻眼の喰種はなぜCCGを攻めたのでしょうか?そこが明らかになれば、手を組むことも出来る気がします。

隻眼の喰種がCCGを攻めたということは、すでにその時代にはCCGが組織されていたということです。CCGの実権を握るのは和修、和修はもともと喰種でしたよね。

ということは、隻眼の喰種は、喰種だったはずの和修に因縁でもあったのではないでしょうか?

まぁそういっても隻眼の喰種が生きているなら、それほど昔の話じゃないので、和修が喰種だった頃に話が遡るはずもありません。となると、どんな因縁なのでしょうか?

考えられるのは、隻眼の喰種が和修の関係者だということです。

すなわち、和修の分家の出で、人間の喰種との間に生まれた子供なのではないでしょうか?和修が人間になる過程で自分が生まれ、喰種の力を持っていたことで和修に虐げられた、もしくは人間になるための実験の家庭で生まれたのかもしれません。

そのことで和修を恨んだ隻眼は、復讐のために和修らCCGを襲った、というのはどうでしょう?

可能性がどこまであるかは分かりませんが、流れとしてはおかしくないように思います。隻眼の喰種が、和修家を終わらせるというのであれば、黒山羊と利害は一致しますね。

ということは、東京喰種re129話で隻眼の喰種が登場するのであれば、新旧隻眼の対談が東京喰種re130話あたりで実現するかもしれませんね。ここで地下24区の喰種たちと手を組めれば、戦況は覆るかもしれませんね。

果たして、アヤトが見た街に隻眼の喰種はいるのでしょうか?

まとめ

今回は、過去にCCGと戦った、隻眼の喰種にスポットをあてて東京喰種re129話のネタバレを予想してみました。アヤトが見た街に隻眼の喰種がいるのかはわかりませんが、手を組めれば反撃に出れますよね。

東京喰種re129話、隻眼の喰種のネタバレを期待しながら待つとしましょう。

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら