東京喰種:reのネタバレ 130話|ブシンが黒山羊に合流か!?

シェアする

東京喰種:re 130話のネタバレを考えていきますが、気になるのは黒磐武臣ことブシンの動きですよね。強引に疑いをかけられ、妻である依子を拘束されたブシン、そろそろ彼の怒りが爆発してもおかしくありませんよね。

東京喰種:re 130話では、ブシンがCCGを見限り、黒山羊に合流なんてのもあり得る話ですよね。今回は、そんなブシンの動きから東京喰種:re 130話のネタバレを予想しています。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ 130話|ブシンがついに黒山羊に合流か!?

今回は、東京喰種:re 130話のネタバレを、ブシンの立場から予想していきます。

前回の東京喰種:re 129話で、吉福に呼び出されたブシン、案内された先には、妻の依子が囚われていました。理由は喰種対策法違反、喰種であるトーカを匿った疑いをかけられているのです。

囚われた依子を前に、あのブシンが珍しく気を荒立てていました。そもそも、依子が疑いをかけられたのは、六月がブシンの持っていた写真を見つけたからです。六月は、ブシンにはトーカを知っているから探しに行くと言いつつも、裏では依子の名前を使ってトーカを脅迫していました。

つまり、ブシンはある意味六月に騙され、利用されたのです。おそらく今回も、金木をおびき出すために利用されています。自分の妻を何度もエサにされて、黙っていられるわけがないですよね。

ブシンは、これでようやく六月の本性も分かったでしょう。これで、依子を助けることが出来たなら、ブシンと依子は金木ら黒山羊に合流できるかもしれませんが、依子を人質に取られている以上、ブシンは動けませんよね。

そうなると、頼れるのは外部にいる人間しかいません。ブシンが頼れる吉福の息がかかっていない人間と言えば、やはり瓜江でしょう。ブシンは、なんとかこの状況を瓜江に伝えなければなりません。

もしブシンと瓜江が連携を取れるのであれば、協力してCCGを抜け、黒山羊に合流する可能性もあるのではないでしょうか?

東京喰種:re 130話のネタバレ予想は、他の視点で書いた記事もあります。

>>東京喰種:reのネタバレ 130話まとめ

東京喰種:reのネタバレ 130話|ブシンと瓜江の動きは!?

六月は、理由があってか待ち合わせ場所をシャトーにしていましたよね。瓜江は勘が鋭いですし、六月が金木と接触したことも知っています。六月は、12日~17日の21時にシャトーにいますので、瓜江がこれを怪しんでくれると状況が変わってきそうですよね。

もしくは、六月が瓜江に協力を仰ぐため、事情を説明してくれればベストです。おそらく、六月の誘いは罠でしょうし、金木が来たら迎撃する構えを取っているでしょう。となると、その戦力として、瓜江らクインクスが含まれていても不思議ではありません。

もし瓜江が事情を理解し、ブシンと協力できるのであれば、CCGを寝返って黒山羊につき、金木と協力して六月を倒すこともできますよね。ただ、六月が金木をどうしたいのかわからないので、金木がクインクスにつくならCCGと戦っても…となるやもしれません。

正直六月の出方が予想できないので、この後の展開を考えるのが難しいですが、なんにせよブシンにとっては依子が捕らえられているのに変わりはありません。もし、六月が金木をおびき出すために、シャトーに依子を連れてくるなら、瓜江と組んで離脱する可能性は高まります。

才子は、依子と仲がいいので、現在の状況や金木とトーカの関係も教えてくれるはずです。今の状況が分かれば、いかに瓜江と言えど、吉福や六月に反旗を翻すかもしれませんよね。

もし、シャトーにブシンと依子が来るのなら、瓜江らクインクスやブシンが金木と協力すれば依子を救出できそうですよね。

吉福を疑う瓜江と、依子を人質に取られた怒れるブシン、この2人の動きで今後が大きく変わっていきそうですね。

まとめ

今回は、ブシンの立場から、東京喰種:re 130話のネタバレを考察してみました。

新婚にも関わらず妻を人質に取られたブシン、そして六月が指定した待ち合わせ場所のシャトー、ブシンと瓜江の目的が一致した時、ついに事態が動くかもしれませんね。

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら