東京喰種:reのネタバレ 130話|クインクスがCCGを離脱!?

シェアする

東京喰種:re 130話のネタバレを予想していきますが、ストーリーに大きく関わって来そうなのが、六月透らクインクスですよね。瓜江久生らシャトー組と、六月透、安浦晋三平組との意見に相違が出る中、クインクスのCCG離脱はあり得るのでしょうか?

クインクスがCCGを離脱する可能性を考えつつ、東京喰種:re 130話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ 130話|クインクスがCCGを離脱!?

東京喰種:re 130話のネタバレを、クインクスがCCGを離脱するかどうかの観点から予想していきます。

まず、クインクスといっても、今は2つの勢力に分裂していますよね。すなわち瓜江らシャトー組と、六月・晋三平の2組です。晋三平は、金木を恨んでいるので、黒山羊につくことはありませんが、他はわかりませんよね。

一番CCGを離脱する可能性があるのは、クインクスのシャトー組です。もし瓜江らシャトー組のクインクスが黒山羊につくのであれば、CCGを離脱するのは金木がシャトーに来たタイミングでしょう。

ただ、CCGを離脱しても、黒山羊につかない可能性もあります。すなわち、丸手らの謎の勢力ですね。ここはどんなバックなのか見当もつきませんが、勢力としてあるのは間違いないでしょう。おそらく吉福とも繋がっていません。

ただ、瓜江と丸手にそれほど接点がない気がするので、可能性が高いのは金木がいる黒山羊でしょう。ただし、問題はクインクスのケアですよね。確か、瓜江らクインクスは、定期的に柴先生のもとに通い、診察を受けていました。

つまり、クインクスは管理する者がいないと厳しいかもしれないんですよね。今、黒山羊には医学の知識がある人物は大槻アクトの彼ぐらいですが、クインクスとなると話が別です。彼が持っているのは、喰種を治療する知識であり、クインクスの管理ではないですからね。

仮にクインクスが黒山羊に来た場合、その問題を解決できるのは、地行博士か貴未でしょう。地行博士はCCGに、貴未は嘉納のもとにいるはずですが、最近描写はありません。地行博士の場合は、嘉納が入ってきたことで異を唱え、軟禁されているというのもあり得そうですよね。

何とかして、どちらかを引き入れることが出来たら、状況は大きく変わるように思います。

とは言え、現時点ではクインクスの管理なんて黒山羊ではできないので、CCGを離脱しても黒山羊には来ないかもしれませんね。

東京喰種:re 130話のネタバレ予想記事は他にもあります。

>>東京喰種:reのネタバレ 130話まとめ

東京喰種:reのネタバレ 130話|クインクスの選択は?

状況が大きく動きそうな東京喰種:re 130話、クインクスも大きな選択を迫られているように思います。

六月にしてみれば、このまま吉福につくか、金木についていくか、ですよね。いまいち六月が金木をどうしたいのか分からないので、なんとも予想しにくいのですが、あくまで六月が生きている金木を求めるなら、六月のCCG離脱もあり得るでしょう。

一方、瓜江らシャトー組は、もともと吉福を疑っているので、CCG離脱はあり得る話です。ただ、黒山羊が喰種側である以上、頭の固い瓜江は中々行動に移せないかもしれませんね。

才子なんかは、一目散にCCGを離脱して金木についてきそうですが、瓜江を置いては出て行かないでしょう。

そもそも、六月にしろ、瓜江らシャトー組にしろ、CCGを離れて体調管理は大丈夫なのかが疑問ですしね。クインクスにどこまで管理が必要なのかはわかりませんが、定期的な検査や処置を必要とするなら、CCGを離脱することは出来ませんからね。

心情的には、瓜江も吉福より金木を信用しそうですが、瓜江らクインクスが自由に動ける状況なのかどうかで大きく変わってきそうです。何にせよ、動きがありそうな東京喰種:re 130話のネタバレが楽しみですよね。

まとめ

今回は、東京喰種:re 130話のネタバレを、瓜江らクインクスがCCGを離脱するかどうかの観点から予想してみました。瓜江らシャトー組や六月のCCG離脱はあり得るかもしれませんが、CCGの管理無しでクインクスが生きられないのだとすると、離脱も難しくなりますよね。

この他の東京喰種:re 130話のネタバレ予想記事はこちら。

>>東京喰種:reのネタバレ 130話まとめ

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら