東京喰種:re 143話のネタバレ|亜門とアキラが…?

シェアする

東京喰種:re 143話のネタバレを考えるにあたって、しばらく姿を見せていない亜門とアキラが気になりますよね。鈴屋と金木という構図、ここに亜門とアキラが加わるとしたら面白くなりそうですよね。

そこで今回は、亜門とアキラがアジトに来るとして、 東京喰種:re 143話のネタバレを予想してみます。

スポンサーリンク

東京喰種:re 143話のネタバレ|亜門とアキラが…?

ここでは、最近登場していない亜門とアキラが黒山羊のアジトに来ると仮定し、 東京喰種:re 143話のネタバレを予想していきます。

黒山羊を去ってから姿を見せていない亜門とアキラですが、今はどこにいるのでしょうか?滝澤は小瓶といましたので、一緒ではないようです。

亜門たちの居場所を考えるうえで、気になるのはCCGの動向です。不完全とはいえ、亜門は喰種化していますので、喰種です。CCGからもフロッピーとして認知されていましたよね。

亜門は、流島での戦闘を終え、ラボに保管されていましたが、滝澤たちが救出しました。これは研究員たちも見ていますので、CCGにもばれているはずです。このように素性が割れている状態で、亜門たちはどうやってオッガイ隊から逃げているのでしょうか?

オッガイ隊を率いるのは、六月や晋三平なので、もちろん亜門の顔もアキラの顔も知っています。にもかかわらず、なぜ2人は捕まっていないのでしょうか?

考えられるのは、2人がどこかにかくまわれていることです。以前、亜門は嘉納から喰種化施術を受けた後にスケアクロウ、つまりヒデと遭遇しています。この状況は、ヒデが亜門を勧誘したと考えていいのではないでしょうか。

つまり、流島の戦いの時に亜門が滝澤やクロナを助けに来たり、あんていくの連中が現れたのは、ヒデが裏で糸を引いていた可能性があるということです。

仮に、亜門とヒデたちにつながりがあるのであれば、丸手側に亜門やアキラがいると考えるのが自然ですよね。これならオッガイ隊から逃げきれているのも納得ですよね。

では、今亜門たちは何をしているのでしょうか?

東京喰種:re 143話のネタバレ|亜門とアキラがアジトに?

もし裏で糸を引いているのがヒデで、全てが繋がっているのであれば、流島にかけつけたあんていくの連中とも繋がっている可能性があります。

すなわち、あの時流島に現れた、古間や入見とも繋がっている可能性があるということです。 東京喰種:re 142話で、連絡係は全滅していましたが、2人の遺体があったわけではありません。

もし、ヒデと古間や入見の間に繋がりがあるなら、遺体は偽装で、ヒデを通じて援軍を要請していてもおかしくありませんよね。丸手側から援軍が来るなら、かつて黒山羊に所属していた亜門やアキラが選ばれる可能性は高いでしょう。

鈴屋VS金木だけでもかつての友人ということでどうなるのか楽しみですが、そこに亜門やアキラが加わるなら、さらに面白い展開になりそうです。滝澤もくれば、まるでかつての20区のようですね。

さらに、アキラがトーカやヒナミを助けるという展開も、かなり盛り上がりますよね。

アキラにとって、ヒナミやトーカは父真戸呉緒の死に関わった因縁の相手でした。また、トーカにとっても、アキラは自分の父を捕えた人物の娘ですし、ヒナミにいたっては両親ともに真戸呉緒に奪われています。

しかし、アキラがまだ黒山羊にいた頃、トーカが間に入ったことで、3人の因縁は解消したかのような状態にまで回復しています。トーカやヒナミがアキラの身を案じていたように、もしアキラがトーカやヒナミを救ったのであれば、因縁は無くなったと言えるでしょうね。

裏がどこまで繋がっているかはわかりませんが、亜門やアキラが来る展開は個人的にも楽しみですので、実現してほしいですね。

別の京喰種:re 143話のネタバレ予想記事はこちら

>>東京喰種:reのネタバレ143話まとめ

まとめ

今回は、亜門とアキラが黒山羊の援軍として来るのではとの仮定のもと、 東京喰種:re 143話のネタバレを予想してみました。

実際に来るかはわかりませんが、そうなった場合は楽しみな展開が多いので、ぜひ期待したいものです。