東京喰種:re 143話のネタバレ|古間と入見は無事…?

シェアする

東京喰種:re 143話のネタバレについて考えるうえで、気になるのが古間と入見の安否ですよね。しれっと連絡係が全滅しているシーンが描写されていましたが、古間と入見もやられてしまったのでしょうか?

今回は、古間と入見が生きているかどうかから、東京喰種:re 143話のネタバレを予想しています。

スポンサーリンク

東京喰種:re 143話のネタバレ|古間と入見は何をしていた?


今回は、連絡係が全滅している中、古間と入見は生きているのかを考え、東京喰種:re 143話のネタバレを予想していきます。

東京喰種:re 142話でさらっと描写されていたのは、古間や入見が担当していた連絡係が全滅していたシーンでした。確かに、なぜ連絡係がいながらここまでアジトの襲撃が伝わっていないのかとは思っていましたが、全滅していたんですね。

考えてみれば、吉福側は葉月ハジメの働きあって、金木たち食糧班がアジトにいないことをしっていたはずですよね。だとすれば、簡単に戦力を削るためには、まず金木たちがいない方を殲滅してから、本丸を叩くべきでしょう。

ということは、アジトの黒山羊を殲滅する前に食糧班に帰ってこられては、面倒なことになるわけですよね。これを防ぐには、連絡係を叩く必要があります。

もしかすると、そもそも襲撃がアジトに伝わらないように、アジトに来る前の一番最初に連絡係を叩いていたのかもしれません。それなら、ここまで情報が伝わらないことにも納得できますよね。

ですが、他の黒山羊構成員はまだしも、古間や入見がそう簡単にやられるのでしょうか?

東京喰種:re 143話のネタバレ|古間と入見は無事…?

全滅していたことが発覚した連絡係ですが、古間や入見もやられているのでしょうか?

入見には高い感知能力がありますし、そもそも2人は単純に強いですよね。相手が吉福らとは言え、そんな2人が抵抗もできず簡単にやられたとは考えられません。ということは、古間や入見が生きている可能性もあるのではないでしょうか?

CCGが黒山羊のアジトに到着した時、負傷している捜査官は見られませんでした。オッガイ隊が到着した時もそうでしたよね。もし、古間や入見とまともに戦っていたのであれば、誰かしら負傷している捜査官がいるはずです。

まぁ、ウタらしき人物が出てきていますので、ピエロによる仕業と考えられなくもないですが、描写から判断するに赫子による戦闘ではなさそうでしたよね。まだ出ていていないVの可能性もありますしね。

いずれにせよ、全滅した連絡係の中に、古間や入見らしき姿はありませんでしたので、生きていると考えるのが妥当でしょう。入見がいたら、襲撃を感知することもできるはずですからね。

では、古間と入見が生きていたとして、2人は黒山羊の危機に何をしているのでしょうか?

もし、黒山羊のアジトが襲撃されることを知ったら、連絡係である2人は助けを呼びに行くはずですよね。すなわち、2人は金木や他の勢力に援護を頼みに走っているのではないでしょうか?

古間と入見のどちらかが金木を呼びに行ったからヒナミが倒されるまでに間に合った、そう考えることもできますよね。また、流島で援軍として登場したことから考えるに、古間や入見と亜門たちとの間には何らかのつながりがあるはずです。

ということは、亜門たちに黒山羊の窮地を伝える方法があるかもしれません。また、流島からの脱出は、おそらくヒデが関わっていますよね。裏で指揮をとっているのがヒデなら、丸手側にも黒山羊の窮地が伝わります。

古間と入見が受け持つ連絡係というのが、どこまでの相手を対象にした連絡係なのかはわかりませんが、もしかすると逆転の一手になるかもしれませんね。

東京喰種:re 143話のネタバレ予想は他にもあります

>>東京喰種:reのネタバレ143話まとめ

まとめ

今回は、古間と入見を中心に、東京喰種:re 143話のネタバレを予想してみました。

色々と可能性を探ってみましたが、あれだけ感動的な復活をしておいて、特に何もせずにあっさり倒れるのは辛いので、2人は生きていると思いたいですね。