東京喰種:re 144話のネタバレ|平子はどこに…?

シェアする

東京喰種:re 144話のネタバレを予想するうえで、気になるのが0番隊の平子丈と有馬夕乍の行方です。伊丙と僧頭は葉月ハジメにやられたようですが、2人はまだ行方がわかっていません。果たして、金木が追い詰められる中、平子らは何をしているのでしょうか?

今回は、そんな平子と有馬を中心に、東京喰種:re 144話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:re 144話のネタバレ|平子はどこに…?

今回は、行方が分からない平子と有馬夕乍がどうしているかを考え、東京喰種:re 144話を予想していきます。

平子と有馬夕乍の安否を考える時、思い出されるのは0番隊が誰を相手に戦っていたかです。東京喰種:re 143話で、葉月ハジメに仕留められたであろう2人は、伊丙と僧頭でしたよね。2人はすでに首になっていましたので、その安否は明らかです。

残りは平子と有馬夕乍ですが、確か2人は宇井と戦っていましたよね。宇井はあくまで人間ですので、平子と有馬夕乍2人が相手なら、勝てる可能性はあるのでしょう。しかし、伊丙と僧頭を倒した葉月ハジメが援護に向かったとすれば、話は別です。

葉月ハジメがと宇井が相手なら、いくら平子がいるといえど、勝てる見込みがなくなるでしょう。ただ、その場合、なぜ葉月ハジメが2人の首だけを持ってきたのかが気になります。

0番隊全員を倒したのであれば、4人の首を持ってくるのが自然ですよね。ですが、葉月ハジメが持ってきた首は2つです。つまり、宇井と平子、有馬夕乍の戦闘に葉月ハジメは参加しておらず、まだ戦っている可能性があるということになります。

まぁ、宇井が首をはねるのを止めた可能性もありますが、宇井が帰ってきていない所を見ると、まだ戦っているのかもしれませんね。

東京喰種:re 144話のネタバレ|平子と宇井

もし、葉月ハジメが宇井と平子らの戦闘に参加していないのだとすれば、彼等が本当に戦っているかどうかは分かりません。平子は、宇井の性格をよく知っているでしょうし、吉福の本性も分かっています。

吉福側の人間が傍にいないと分かれば、平子が宇井に話しかけることもあるのではないでしょうか?平子は、宇井の変貌ぶりや、吉福の見方をしている理由が気になるでしょうし、宇井も有馬を倒した金木に、なぜ平子が従っているのか気になっていたはずです。

もし、平子と宇井がその真相を共有することができれば、再び行動を共にすることもできるのではないでしょうか?まぁ、宇井が冷静に話を聞いてくれればの話にはなるのですが…。

戦っているにせよ、話をしているにせよ、平子と有馬夕乍、そして宇井はまだ生きている可能性があるということです。ただ、すでに金木は動けない状況ですし、その場には多くの捜査官達をはじめ、葉月ハジメ、鈴屋班、吉福と戦力差は圧倒的です。

仮に平子と有馬夕乍が生きていて、金木を救うために駆け付けたとしても、返り討ちに合うだけでしょう。黒山羊には、まだ手負いのミザと四方もいますが、2人が来ても同様です。

そもそも、四方はウタらしき人物に止められていたので、駆け付けることができるかどうかも微妙です。この場に駆け付けた様子もありませんからね。まぁ、あの様子だと四方はトーカをヒナミを助けに行くでしょうし、駆け付けるならトーカの戦場かもしれませんね。

すでに詰んでいるこの状況で、仮に生きていたとしても平子や有馬夕乍がとれる手段はもうありません。それなら、丸手らと合流した方が良い気もしますが、平子なら有馬から託された金木を最後まで守ろうとしそうですね。

大穴で、0番隊の首がウタによるフェイクだという可能性もなくはないですが、さすがに現実的とは言えないですよね…。

ここで東京喰種:re 144話のネタバレ予想記事をまとめています

>>東京喰種:reのネタバレ144話まとめ

まとめ

今回は、壊滅したであろう0番隊の中で、まだ姿が見えていない平子と有馬夕乍の安否から、東京喰種:re 144話のネタバレを予想してみました。

いずれにせよ詰んでいるこの状況、平子たちが生きていても何も出来ないかもしれませんが、それでも生きていればと願ってしまいますよね。