東京喰種:re 144話のネタバレ|竜の正体が…

シェアする

東京喰種:re 144話のネタバレを考えるにあたって、気になるポイントと言えばそろそろ明らかになりそうなラスボス「竜」ですよね。吉福が最強の敵と話した「竜」、その正体は何者なのでしょうか?

今回は、「竜」の正体から東京喰種:re 144話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:re 144話のネタバレ|竜って何?

今回は、未だ明らかになっていないラスボス「竜」をメインとして、東京喰種:re 144話のネタバレを予想していきます。

かつて、吉福はラスボスとして「竜」という存在の名前をあげ、最強の敵だと話していました。ただ、これが誰なのか、また誰にとっての敵なのかはまだ分かっていません。ただ、其れは自分の味方だと話していたことから、吉福の敵ではないことだけは明らかです。

では、「竜」は誰にとっての敵なのでしょうか?

単純に考えれば、「竜」は黒山羊にとっての敵であり、大きくは喰種の敵です。喰種がたばになってかかっても、相手にもならないような最強の存在が「竜」なのでしょう。

しかし、すでに喰種を殲滅しつつある今、わざわざそこまで強い存在を生み出す必要はあるのでしょうか?

吉福は、かつてエトに対して望みは超平和だと答えたことがありましたが、「竜」はまさにこの超平和に繋がっている気がします。もともと、和修は共通の敵を標的に仕立て上げることで、人間の心理をコントロールしていたんですよね。

これに対し、吉福は最強の存在を生み出す事で、今後一切歯向かうものをなくそうとしているのではないでしょうか?「竜」のいる絶対的な存在がCCGであり、そのトップが吉福という図式を目指しているように思えます。

確か、共喰いには老化を遅らせる可能性があるんでしたよね。つまり、喰種であれば、共喰いをさせることで、半永久的に生き続けることができるかもしれないのです。

半永久的に生きる有馬やエトをもはるかにしのぐ強さを持つ存在、確かにそんな生物がいれば、逆らうものはおらず平和になるかもしれませんね。では、肝心の「竜」になる可能性があるのは誰なのでしょうか?

東京喰種:re 144話のネタバレ|竜の正体が…

当初、吉福の敵ではないことから「竜」はCCG内の人間だと考えていたのですが、東京喰種:re 143話を読んだことで、CCG以外の人物が浮かび上がりました。

それは、わざわざ吉福がおびき出した主人公の金木です。吉福は、今回の作戦を「コウリュウギ」と呼んでいましたが、これは「降竜儀」ということだと思います。つまり、今回の作戦の目的は、「竜」を作り出す事ではないでしょうか?

そう考えると、わざわざおびき出した金木は、「竜」の正体である可能性が出てきますよね。金木は、元は人間だと言っても今は赫包を埋め込まれたほぼ喰種ですので、共喰いによる老化防止説が体現できるかもしれません。

そもそも、共喰いの可能性は、ニシキが金木に話したことなので、金木が体現できる可能性を考えてのことでしょう。

ただ、「竜」が金木なら、なぜ吉福の味方になるのかは疑問ですが、それは金木が正気を保っていた場合です。今回、吉福は黒山羊を殲滅しようとしていますよね。金木は、黒山羊の仲間のために頑張っているだけなので、仲間を失ったらどうなるでしょう?

意識を失って暴走するか、廃人のようになるかもしれません。仲間がいない金木なら、吉福の敵にはなり得ないというわけです。

しかも、CCGにはリゼが捕らえられていますので、嘉納がいればオッガイはいくらでも作れます。オッガイは赫包を持っていますので、金木が食べれば共喰いとなるはずです。つまり、リゼがいれば、金木はいくらでも共喰いができるわけです。

これで、理論的には半永久的に生きられますので、ここまでが吉福の狙い通りなのかもしれません。

東京喰種:re 144話のネタバレ予想記事は他にもあります

>>東京喰種:reのネタバレ144話まとめ

まとめ

今回は、「竜」正体について考え、東京喰種:re 144話のネタバレを予想してみました。

金木が「竜」なのかはまだ分かりませんが、「コウリュウギ」が「竜」を生み出すためのものなら、東京喰種:re 144話でその儀式が始まるかもしれませんね。