東京喰種:reのネタバレ 145話|金木は竜にはならない…?

シェアする

東京喰種:re 145話のネタバレ予想において、暴走して竜になろうとしている金木がどうなるのか気になりますよね。吉福の思惑通り、金木はこのまま竜になってしまうのでしょうか?

今回は、金木が竜になるのかどうかから、東京喰種:re 145話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ 145話|金木は竜にはならない…?

ここでは、金木がこのまま吉福のいうラスボス「竜」になってしまうかどうかから、東京喰種:re 145話のネタバレを予想してきます。

吉福の作戦によりまんまとおびき出された金木は、鈴屋と半兵衛を相手に深手を負い、ついに暴走してしまいました。全てが吉福のシナリオ通りに動いている状況ですが、金木はこのまま為すすべなく竜となってしまうのでしょうか?

吉福は、金木の暴走に巻き込まれていましたが、ここまでで良かったのでしょうか?まるで金木の養分になるために、進んで自分の身をささげたかのようでしたよね。ということは、金木を操るためではなく、化け物にすることまでが目的だったということでしょうか?

もしくは、金木の中に入って彼を操るつもりなのか…、ただ金木の中で意思を持っているのはあくまで金木のイメージであって、食べられたらさすがに自我はないと考えるのが自然ですよね。それなら、暴走して竜にするまでが目的だったのかもしれません。

しかし、金木はこのまま竜になってしまうのでしょうか?どこまでいけば完全体なのかはわかりませんが、「竜」というからにはそれぐらいのサイズなのでしょう。もしそうなってしまえば、人間や喰種とは言えどうすることもできませんよね。

ということは、養分をとって巨大化するまでに手をうたなければなりません。それならここからが、彼等の出番ということなのでしょうか?

東京喰種:reのネタバレ 145話|金木の竜化を阻止するのは?

ここまでいかにも感じで出番を抑えてきたので、ここから活躍するのはヒデや丸手サイドと考えるのが妥当ですよね。

今や、おそらく吉福は金木に巻き込まれたため、邪魔者はせいぜいピエロやVぐらいです。彼等は、吉福がいない今そこまで表立って動かない気がするので、丸手サイドVS金木という構図になるのでしょう。

丸手サイドからすると、本来であれば金木が完全に竜化するまでに駆逐すべきですが、ヒデがいますので金木を助けようとするはずですよね。丸手サイドの目的が金木を助けることなら、迎合する仲間が出来るはずです。

すなわち、CCGの生き残りや黒山羊ですよね。黒山羊は、全員が金木のために命をはるような連中なので、全員が金木を助けようとするはずです。それなら、金木を助けようとする丸手サイドと協力できますよね。

もしかすると、状況によってはウタも気まぐれで味方してくれるかもしれませんし、吉福がいなくなった今、鈴屋も自由の身です。これだけ仲間が多ければ、代々的な金木救出劇ができますよね。

この展開を期待するなら、少なくとも東京喰種:re 145話では、生存しているアジトの黒山羊や鈴屋たちが生き残らなければなりません。目的が金木を助けることなら、トーカとヒデは必須でしょうからね。

吉福がいなくなったのなら、四方と話をしていたウタが逃がしてくれるというケースもあるかもしれません。もともとウタは、四方がこれ以上進まないように忠告に来た形でしたからね。

ということは、逃げるためのルートも知っている可能性があるので、ウタが動いてくれれば今生き残っている黒山羊や鈴屋は助かるかもしれませんね。まぁ、金木の暴走で道が開けた気もするので、逃走ルートに進んでいたトーカたちは普通に逃げられるのかもしれませんが…。

東京喰種:re 145話のネタバレ予想はこれだけではありません。

>>東京喰種:reのネタバレ145話まとめ

まとめ

今回は、金木の竜化を防ぐ展開になると考え、東京喰種:re 145話のネタバレを予想してみました。

おそらく、金木の暴走をトリガーとして、VS金木で皆がまとまるはずなので、ようやく真の意味で人間と喰種が協力できる時が来そうですね。そうなれば、ある意味、金木は隻眼の王としての悲願を達成するのかもしれませんね。