東京喰種:re 146話のネタバレ|旧多の目的は?生きている可能性も…

シェアする

東京喰種:re 146話のネタバレを予想するにあたって、旧多が何を考えていたのか気になりますよね。なぜ、旧多は自分の身を犠牲にしてまで金木を「竜」にしたかったのでしょうか?そもそも旧多は本当に犠牲になったのでしょうか?

今回は、そんな旧多の目的や本当に犠牲になっているのかを考え、 東京喰種:re 146話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:re 146話のネタバレ|旧多の目的は?

ここでは、 旧多の目的や本当に犠牲になっているのかどうかから、東京喰種:re 146話のネタバレを予想します。

金木を竜にしたてあげ、自らを餌とするかのように金木に喰われた旧多、よくわからない行動でしたが彼の目的はなんだったのでしょうか?

てっきり旧多は、「竜」を作って何かをするものと思っていましたが、旧多が金木に喰われて命を落としたら何もできないですよね。それとも、これで彼のシナリオは完成なのでしょうか?

旧多のこれまでの発言を少し思い出してみますと、エトに目的を聞かれたとき、彼は「超平和」だと答えていましたよね。これが本当だと考えたうえで話を進めていきましょう。

では、これまでの旧多の行動に目を移してみます。旧多が政権を握ってから、彼は大々的に喰種を駆逐し、民衆の心を掴んでいきました。もはや、ほとんどの喰種を駆逐したことで、民衆は喰種におびえる必要はないと感じたはずです。

もう喰種におびえなくて済む、CCGが助けてくれる、そんなときに現れたのが「竜」こと金木です。局長の旧多は金木に敗れ、喰種を追い詰めたCCGは、追い詰められた喰種からしっぺ返しを受けて滅びるのです。

そして民衆も「竜」を目の当たりにして、これには誰も勝てないと絶望するわけです。これにより民衆には、喰種に対して善戦し、これまでにないほど喰種を追い詰めた旧多でさえ、喰種には勝てなかったという印象だけが刻み込まれてしまうのです。

頑張っても喰種には勝てない、勝ちかけたとしてもしっぺ返しをくらう、これが分かった人間は喰種を淘汰しないようになりますし、喰種もまた人間が本気になったら滅ぼされかねないことがわかったので、あまり活動しなくなるというわけです。

これが、旧多のいう超平和の状態ではないでしょうか?確かに、この状態は平和と言えるのかもしれませんが、あくまで一時的なかりそめのもののように思ってしまいます。

東京喰種:re 146話のネタバレ|旧多は生きている?

そして、旧多に関するもう一つの疑問は、旧多が生きているのではないかということです。あの旧多のことなので、上手く自分がいなくなったかのように見せているだけではないでしょうか?

黒山羊のアジトにはウタのような人物がいましたよね?ウタがいるなら、顔を変えることができるということです。つまり、旧多の代役をたてることも可能なんですよね。

そもそも、アジトにいたのは、はじめから旧多じゃなかった可能性もありますよね。自分は被害が及ばない場所に逃げて置き、代役をたてて金木に喰わる、そう考えると旧多が生きている可能性も十分あります。

まぁもし生きていたとしても、もう前には出てこないような気もしますが…。CCGは丸手らに乗っ取られてしまいましたからね。

現状ですと、旧多が生きているようにも生きていないようにもできるので、全ては旧多のプラン次第といったところでしょうか。生きてひょっこり出てくるかもしれませんし、シナリオは完成したからとしれっと命を落としているかもしれませんね。

東京喰種:re 146話のネタバレ予想記事はこちら。

>>東京喰種:reのネタバレ146話まとめ

まとめ

今回は、旧多の目的や彼が生きている可能性も考え、 東京喰種:re 146話のネタバレを予想してみました。

生きているか、生きていないのかは分かりませんが、少なくとも 東京喰種:re 146話で、旧多の出番はなさそうですね。