東京喰種:reのネタバレ 146話|瓜江がついに…

シェアする

東京喰種:re 146話のネタバレを予想する時、ヒデに誘われた瓜江の反応が気になりますよね。果たして、瓜江はこれからどう動いていくのでしょうか?また、金木の暴走を知った瓜江は、どんな反応を見せるのでしょうか?

ここでは、瓜江がどう動くのかを考え、東京喰種:re 146話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ 146話|瓜江がついに…

今回は、瓜江の動きをメインに、東京喰種:re 146話のネタバレを予想していきます。

ピエロとの戦いで覚醒し、今やCCG内でも特等と並ぶような実力を持っているであろう瓜江、ヒデは瓜江をヒデ側に勧誘していましたが、瓜江がそれに見合った働きをすると考えているのでしょうか?

そもそも、ヒデはなぜ瓜江を誘ったのでしょうか?丸手の口ぶりからすると、どちらでも良かったように思えます。ですが、ヒデは瓜江を勧誘しました。ということは、瓜江に何らかの働きを期待しているということですよね。

では、金木の暴走を知った瓜江はどう動くのでしょうか?瓜江はかつて、同期のクインクスたちと、自分たちは佐々木琲世が暴走した時に止める役割を持っていると話していました。

当時は、まだ金木の足下にも及ばなかったので現実味がありませんでしたが、今はどうでしょう?瓜江は、ピエロを倒すほどの実力となりましたし、才子は暴走した瓜江を止めてみせました。

生きているかは不明ですが、六月も四方やトーカとまともに戦えるほどに強くなっています。これなら、相手が金木といえど、立ち回ることは可能なのではないでしょうか?もちろん、金木が人型であったならの話ですが…。

現状、金木は「竜」と呼ばれるような姿になっており、もはや化け物です。赫者を相手にしているのとはわけが違いますよね。まさに、有馬でもエトでもワンパンで倒せるようなレベルです。そもそも、規格が違うわけですからね。

この金木を相手に正面切って戦うのはいくらなんでも無謀です。ということは、今できる選択肢は他にあると考えるのが妥当でしょう。

東京喰種:reのネタバレ 146話|瓜江の役目は?

東京喰種:re 146話で、瓜江がどんな役目を果たせるのかを考えた時に、現実的なのは内部での立ち回りでしょう。

現在、瓜江は政の後を継いでS2班の班長となっていますので、S2班の戦力だけは持っています。これに、S1班の田中丸やS3班の鈴屋も加えたい所ですが、S1班はまだしもS3班はほぼ全滅しているんですよね。

S1班の田中丸は、瓜江が話しても良いでしょうし、昔からよく知っているはずの丸手たちが放しても良いでしょう。彼は間違いなく力になってくれるはずですからね。

となると、瓜江にできるのは鈴屋を助けに行くことですかね。まず必須なのが、ブシンと依子を助け出すことですが、もう吉福もオッガイ隊もいないので、ピエロに邪魔されない限りこれは簡単でしょう。シャトーの連中や倉元も、すぐに力になってくれるはずです。

内部の瓜江周辺を仲間に引き入れることができたら、一番の大物である鈴屋の勧誘ですよね。そもそも、あの状況で鈴屋が生きているかどうか分からないので、とりあえずアジトに出向くところからでしょうか。

瓜江としては、生きているなら六月や晋三平も救いたい所ですよね。なら、なおさら24区のアジトに行くのが順当でしょう。ただ、ここからは棄権が伴いますので、シャトー組で動くかもしれませんね。

何にせよ、ヒデと瓜江が今後の物語で重要な役柄になっていくことは間違いないので、瓜江がどこまで活躍するのか楽しみですね。

東京喰種:re 146話のネタバレ予想はこちらでまとめています。

>>東京喰種:reのネタバレ146話まとめ

まとめ

今回は、瓜江がこれからどのように動いていくのかを考え、東京喰種:re 146話のネタバレを予想してみました。

有馬貴将を超える舞台として作られたクインクスですが、その真の役割通りに暴走した金木を止めることができるのでしょうか?

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら