東京喰種:reのネタバレ 147話|旧多は誰かを生き返らせたかった?

シェアする

東京喰種:re 147話のネタバレを予想するうえで、気になるのは結局旧多が何をしたかったのかですよね。狙い通り「竜」を作り出した旧多ですが、146話を読んだ限りではあまり満足のいく結果ではなかったようです。

ここでは、旧多が何を望んでいたのかを考え、東京喰種:re 147話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ 147話|旧多は誰かを生き返らせたかった?

今回は、結局旧多の目的が何だったのかという観点から、東京喰種:re 147話のネタバレを予想していきます。

まず、前回の東京喰種:re 146話で、「竜」に自らを差し出したかのように見えた旧多でしたが、東京喰種:re 147話ではまだ生きていたことが明らかになっています。ただ、さすがに傷は大きいようで、赫子でも修復しきれない様子が描かれていました。

東京喰種:re 147話での宇井との会話で、「竜」を作り出したものの狙っていた結果ではなかったことが明らかになりましたが、では旧多はいったい何を狙っていたのでしょうか?

旧多は、今回「竜」を生み出すにあたって、どうやら過去にあった「24区の王」のケースを参考にしていたようです。これは、過去にCCGを壊滅寸前まで追い込んだ、隻眼の喰種のケースだと思われます。

この時、24区の王は、多くの人を滅ぼしたそうですが、一方で命を分け与えることもあったそうです。旧多は、これにより宇井が望むハイルや有馬の復活を成し遂げようとしていたみたいですね。

しかし、宇井の望みを聞くのは、宇井の助力を得ようとしてためだと考えられるので、「竜」を生み出す目的は他にあると考えるのが自然です。「竜」が気まぐれでも命を分け与えてくれる存在なのであれば、旧多もまた誰かを生き返らそうとしていたのかもしれません。

では、旧多は誰を生き返らそうとしていたのでしょうか?

東京喰種:reのネタバレ 147話|旧多が生き返らせたかったのは…

旧多は、和修の分家の出身でしたよね。有馬と金木の会話から、旧多も有馬と同じく半人間であったことが明らかになっています。

半人間は、確か身体能力が少し他の人間より高いだけで、寿命が短いんでしたよね。もしかすると、この半人間の寿命が短いという特性のせいで、旧多は過去に大事な人を失っているのではないでしょうか?

リゼは、オッガイを作り出していたことから、囚われの身でありながらも生きているはずなので、リゼではありません。となると、もっと昔のことなのかもしれません。

旧多がピエロとともに和修を殲滅した際、ウタとの会話で旧多の父が和修常吉であったことが発覚しています。ですが、現時点で旧多の母親に関する記載はありませんよね。もし母親が半人間なら、旧多がまだ小さいうちに命を落とした可能性が高いですよね。

当時は何も知らなかったかもしれませんが、このこと旧多が知れば、和修を憎むのは当然ですし生き返らせたいと思うのも必然でしょう。もしかすると、母親ではなく他の親族だったのかもしれませんが、誰かを生き返らせたかったという可能性は十分にあります。

もしかすると、旧多はその願いを金木に託していたのかもしれませんね。過去の「竜」は分かりませんが、金木なら多くの命を分け与えてくれるという願望があったのかもしれません。

今まで狂気じみたキャラとして目立っていた旧多ですが、その内面は子供の様に繊細だったのかもしれませんね。

東京喰種:re 147話のネタバレ予想記事はこれだけではありません

>>東京喰種:reのネタバレ147話まとめ

まとめ

今回は、旧多の目的が何だったのかを考え、東京喰種:re 147話のネタバレを予想してみました。

旧多が「竜」を生みだした理由が意外だったので、もしかすると誰かを生き返らせたかったのではないかという説が浮かんできました。今まで狂人のようなイメージしかなかった旧多ですが、ここにきて一気に人間味がわき、親近感を感じてしまいました。

いったい本当の旧多はどちらなのでしょうか?

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら