東京喰種:reのネタバレ 147話|トーカは大丈夫?

シェアする

東京喰種:re 147話のネタバレを考えるにあたって、気になるのはトーカが大丈夫なのかどうかですよね。146話で姿は確認されていましたが、その表情から察するに少なくとも精神的なダメージは計り知れないようです。

ここでは、トーカが大丈夫なのかを考えつつ、東京喰種:re 147話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ 147話|トーカは大丈夫?

ここでは、トーカが大丈夫なのかどうか、そして今後どう動くのかを考えつつ、東京喰種:re 147話のネタバレを予想していきます。

まず、トーカの安否についてですが、東京喰種:re 146話の最後のシーンでその姿が確認されています。ですが、立っていることが分かっているだけで、大丈夫なのかは分かっていません。少なくとも、現段階で立ってはいられています。

トーカのことで気になるのは、お腹の子供ですよね。もちろん、本人の体も気になりますが、お腹の子供は金木の人間の血が混ざっているので、もともと生まれる可能性は限りなく低いと言えます。

その状況で、度重なるCCGの襲撃を受け、激しい戦闘をこなした後の夫である金木の暴走なので、トーカの身に降りかかる負担は想像を絶するでしょう。子供の安否はもちろん、こうなるとトーカの体も大丈夫なのか心配です。

宇井や平子は、金木の落とし児なるものに襲われていましたが、これはトーカも同じなのでしょうか?だとすれば、夫の姿をした意味の分からない生命体を倒し続けたことになりますので、余計にこたえますよね。

トーカの近くにヒナミや四方の姿はないので、まだ追いついていないのだと思われますが、どちらかが傍にいないと、今度はトーカが大変なことになりそうですよね。金木のように暴走することはないと思いますが、力尽きて倒れる危険性は高いでしょう。

そうなると、誰かが助けないとこのまま母子共々…というケースは十分にあり得ます。金木どうこうよりも、まずはトーカが安全な場所に逃げる必要がありますね。

東京喰種:reのネタバレ 147話|トーカは立ち直れる?

仮に、ヒナミや四方の働きでトーカが助かったとしても、トーカが立ち直れるかどうかは別の話ですよね。おそらく、これから金木を止めるために「竜」と戦うことになりますが、もはやトーカにはできないでしょう。

そうでなくても、お腹に子供がいるトーカはすでに戦闘には参加しかねる状態ですので、どこかに身を隠すほかありません。しかし、金木がところ狭しと暴れ回るこの状況で、隠れられる場所があるのかは疑問ですが…。

可能性があるとすれば、CCGの本局か、最近出番のない「大環アクト」ぐらいでしょう。もしくは、金木が暴れていない地下も安全かもしれません。もちろん、地盤が壊れないことが前提です。

しかし、隠れる場所があったとしても、精神的なダメージは大きいと思いますので、トーカが無事とは思えません。おそらく、四方やヒナミでもどうすることもできないでしょう。

もし、可能性があるとすれば、それはアキラか依子でしょう。トーカは、自分が悪役になることで、父をなくしたアキラの恨みや悲しみを取り除き、ヒナミとの邂逅も緩和しようとしました。

ある意味、アキラはトーカに助けられたような形となっていますので、その恩返しとも言うべき厳しい言葉を投げかけてくれるのではないでしょうか?これはトーカと因縁があるアキラだからこそできる役割でしょう。

また、依子はすでにトーカが喰種だと知っていますので、依子と腹を割って話せるのも大きいでしょう。お互い、すでに結婚していますので、そういった話もできますしね。

東京喰種:re 147話では、トーカの出番があっても、せいぜい地下から抜け出すぐらいだと思いますが、大変なのはそこからですよね。

東京喰種:re 147話のネタバレ予想記事はこちらでまとめています

>>東京喰種:reのネタバレ147話まとめ

まとめ

今回は、トーカが大丈夫なのかを考えつつ、東京喰種:re 147話のネタバレを予想してみました。

トーカにとって、かなり厳しい状況ではありますが、お腹の子供のためにも、ここはなんとしても耐えなければなりませんね。