東京喰種:reのネタバレ147話|宇井が竜に挑むが…

シェアする

東京喰種:re 147話のネタバレを考える時、気になるのは地上に上がると言った宇井の行動ですよね。平子や金木の抜け殻との戦闘ですでにフラフラの宇井ですが、この状態で竜と戦うことはできるのでしょうか?

今回は、宇井がどうなるのかを中心に、東京喰種:re 147話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ147話|宇井が竜と戦う?

ここでは、宇井の行動から東京喰種:re 147話のネタバレを予想していきます。

東京喰種:re 146話で、自分の思いを吉福にぶつけ、話し合うことで正気に戻ったように見えた宇井、自分の願いが叶わぬと分かった今、本来の捜査官としての任務に戻ることを決意しました。

宇井は、これまでハイルや有馬を生き返らせる希望があるならと、吉福にすがっていました。それがいかに可能性の低いことかということは、本人もわかっていたようです。わずかでも可能性があるならすがる、宇井はそう考えていたのでしょう。

一方、当の吉福も同じような考えだったようで、可能性があるとも分からない「竜」にかけていたようです。吉福が何を望んでいたかはわかりませんが、少なくとも「竜」に破壊以外の何かを求めていたことは間違いなさそうです。

私は、てっきり「竜」を生みだして破壊行為を行わせることが目的だと思っていましたので、ここにきて吉福のイメージががらっと変わりました。以前、味方だと言っていたのは、何かしらの恩恵を期待していたからなのでしょうか?

ですが、「竜」から何も得られそうになかったことで、宇井と吉福は手詰まり状態に…、そうなった今、もはや彼らにできることは1つです。すなわち、捜査官として「竜」を止めることだけですよね。

望みは叶わず、暴走するしかない「竜」を前に、宇井は捜査官として戦いにいくのでしょう。

東京喰種:reのネタバレ147話|宇井が竜に挑むが…

願いが叶わぬと悟った今、捜査官として「竜」と戦うことしかできない宇井ですが、もはやどうすることもできませんよね。いかに平子や有馬有佐が一緒だと言えど、相手は梟などという喰種ではなく、もはや怪獣です。どうあがいても人間では勝ち目がないですよね。

しかも、宇井は平子たちとの戦闘や、「竜」の落とし児の相手でかなり消耗しています。これはお互いに言えることで、平子や有馬有佐も同じでしょう。この状態で圧倒的な「竜」の相手をすることなんて不可能ですよね。

ですが、おそらく宇井たちはCCG本局には戻らず、そのまま地上で「竜」を止めにかかるでしょう。ここで忘れてはならないのが、他の勢力ですよね。黒山羊のメンバーは、まだトーカしか生存が確認できていませんが、丸手らはCCGで健在のはずです。

なぜ、CCGよりも先に自衛隊が防衛に出ているのか分かりませんが、ここで、満を持して登場してきた丸手らと合流という形になりそうですよね。

すでにヒデは金木を見ていましたので、丸手もこの状況を把握しているはずです。まぁなぜヒデがなんの対策も取っていないのかは気になる所ですが…。

さすがにこの状況なら、CCGが駆け付けないという選択肢はないはずですよね。おそらく、CCGを取り返したばかりで戦力は整っていないと思われますが、なんとなある中で補給しつつ戦うしかないでしょう。

こんな時に役に立ちそうなのは科学者ですが、最近嘉納や地行は出てきていないので、どこにあいるのやらわかりません。ひとまずは、CCGに残っている田中丸率いるS1班、瓜江率いるS2班がメインとなって迎撃することになるのでしょう。

ここからは、もはやCCGや喰種関係なく、総力戦になりそうですね。

東京喰種:re 147話のネタバレ予想は他にもあります

>>東京喰種:reのネタバレ147話まとめ

まとめ

今回は、宇井の動きから東京喰種:re 147話のネタバレを予想してみました。

もはや決死の覚悟での特攻のようにも見えますが、希望が無くなった宇井は、捜査官として戦うよりほかにないのでしょうね。