東京喰種:reのネタバレ 154話|金木が動く…?

シェアする

東京喰種:re 154話のネタバレについて考えるにあたって、六月や瓜江たちだけではなく、金木の赫子の動きも重要になってきますよね。今のところは、地上に人型の赫子が出現しただけですが、上の赫子が動くこともあるはずです。

今回は、そんな金木の赫子の動きを考え、東京喰種:re 154話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ 154話|金木が動く…?

ここでは、金木の赫子がどう動いて来るのかを考え、東京喰種:re 154話のネタバレを予想していきます。

これまで、金木の赫子は眠っている状態でしたが、前回の東京喰種:re 152話で六月がトーカに攻撃を仕掛けたことで、目を覚ましてしまいました。その結果、多数の人型赫子を吐き出し、これらが地上で暴れている状態です。

現状、地上にいる人型の赫子は、捜査官達が対応することになっていますが、上にいる瓜江たちのところはどうなのでしょうか?地上へは距離が遠いからか人型の赫子を生みだしましたが、上なら赫子が届きますよね。

となると、赫子の目で見えている範囲は、金木の赫子による攻撃が来るのではないでしょうか?そうなった場合、仮に瓜江らクインクスと、六月や晋三平が戦うとして、この戦いは金木の赫子を避けながらの戦いとなるわけですね。

金木の赫子を気にしながら戦うというのは、瓜江たちからするとかなり厄介かもしれません。正直、一刻も早くトーカを助け出して地上に逃がさないと、かえって邪魔になってしまうでしょう。そもそもトーカは動けていませんでしたしね…。

ただ、金木の赫子が攻撃してくるからといって、対抗して赫子に反撃するわけにもいきません。反撃した場合、金木に刺激が伝わり、金木が目を覚ましてしまうかもしれませんからね。そうなると、むしろ六月は積極的に赫子を攻撃してくるかもしれませんね。

東京喰種:reのネタバレ 154話|金木の赫子も守らないと…

六月の目的は、金木に今のままでいてもらうことでしたよね。確か、自分のものにならないなら誰のものでもない今のままがいい話していたので、この状況で金木が目を覚ますのがベストでしょう。

そうなると、六月は瓜江たちを無視して金木を攻撃すればいいだけなので、簡単ですよね。もし六月が金木の赫子を攻撃するなら、瓜江らクインクスとしては金木の赫子を守りながらの戦いとなるわけですね。

もし、金木に刺激が加わって目を覚ましたら、再び暴走することになり、全ての希望が絶たれます。チャンスは、眠っている今だけだそうですからね。これは、中枢にいた瓜江なら分かっているはずですし、金木が目を覚ますのは何としても阻止しなければなりません。

つまり、瓜江は、金木を攻撃される前に六月や晋三平を倒さなければならないんですよね。今の感じだと、瓜江たちはまず六月の説得にかかるはずです。ですが、間違いなく六月も晋三平も説得には応じないでしょう。

おそらく、手始めにトーカを手にかけようとするはずです。そうなった場合、瓜江たちは六月らがトーカ、もしくは金木に攻撃を加える前に、2人を倒さなければなりません。となると、勝負は一瞬ということになります。

少なくとも、初撃はなんとしてでも防がなければなりませんからね。トーカかもしくは金木の赫子を攻撃しようとした瞬間に、攻撃しようとする手か赫子を瓜江が刎ねる、これが開戦の合図になるのではないでしょうか?

他の東京喰種:re 154話のネタバレ予想はこちら

>>東京喰種:reのネタバレ154話まとめ

まとめ

今回は、金木の赫子がどんな動きを見せてくるのかを考え、東京喰種:re 154話のネタバレを予想してみました。おそらく、金木の赫子は上でも動き出すと思われますので、瓜江は金木の赫子を守りつつ戦わなければならなくなると思います。

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら