東京喰種:reのネタバレ 154話|才子が説得…?

シェアする

東京喰種:re 154話のネタバレを考えるにあたって、才子の動向も気になりますよね。才子にしろ瓜江にしろ、六月に戻ってきて欲しいと思っているはずなので、このまますんなり戦うことにはなりそうもありませんよね。

そこで今回は、才子がどんな行動をとるのかを考え、東京喰種:re 154話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ 154話|才子が説得…?

ここでは、才子の行動を予想し、東京喰種:re 154話のネタバレを考えていきます。

才子はこれまで、六月の変貌ぶりを知りながらも、うまく制止できずにいました。おそらく、瓜江と才子が最初に六月の異変に気づいたのは、流島でしょう。流島において、六月は喰種対策法に触れたからという理由で、いとも簡単にアキラを傷つけていました。

瓜江たちが現場に到着したのは後からですが、状況を見て瓜江も六月の危険性に気づいていましたからね。さらに、その後も六月が変わっていくことに気づく場面は何度もありました。才子だけで言うと、才子は六月から血のニオイを嗅ぎとっていたこともありましたよね。

そのことについて、何か隠し事はないかと聞く才子でしたが、六月は女だったことに言及しただけでした。つまり、六月は完全にクインクスを遠ざけているんですよね。

六月が変わっていくことを知りながらも、仲間だと信じていたからか何も対処できなかった才子、おそらくこれは今でも変わっていないのではないでしょうか。つまり、トーカを襲う六月を見ても、最初のアクションは戦闘ではなく説得だと思います。

今のCCGのこと、六月がしようとしていることが無駄なこと、そしてこれまで六月がしてきたこと、すれ違い続けた何かを埋めるには、このタイミングしかないですよね。しかし、六月がこれを大人しく聞くとは思えないんですよね。

おそらく、六月と言えども、瓜江たちが相手ならいきなり襲ったりはしないでしょう。晋三平も、クインクスに恨みはないはずなので、冷静でいられるはずです。ただ、才子たちが説得したとしても、平行線で終わる可能性は高いでしょうね…。

東京喰種:reのネタバレ 154話|才子が説得できなければ…?

もし才子が説得出来なければ、かつてのクインクス同士での戦闘は避けられないでしょう。

才子は、六月の行動をよく見ていたはずです。六月が行った非人道的な行動は、喰種を駆逐する時と、金木とトーカに対して、そしてブシンと依子に対してです。

喰種は組織としてなのでまた別ですが、あとの2つは共通点がなくもないんですよね。これらは、どちらも幸せの真っただ中にある組み合わせなんですよね。金木とトーカのことは知らなかったはずですが、ブシンと依子の結婚は六月も知っています。

つまり、六月の行動は、いわばただの嫉妬なんですよね。金木をとられたくないからトーカを消す、ブシンと依子が幸せになるのを見たくないから壊す、どちらも嫉妬があるような気がします。

もちろん、ブシンたちの方は金木をおびき出すのが目的だったのですが、単にどこかで結婚を妬んでいたという想いもありそうです。つまり、六月が金木への想いを持ち続ける以上は、六月を説得することは不可能なんですよね。

ということは、やはり最終的には戦闘になるでしょう。東京喰種:re 154話で説得し、東京喰種:re 155話からメインの戦闘が始まるというような流れでしょうか…。

才子の考え的に、最後はぶんなぐって目を覚まさせるという感じになりそうなので、クインクス同士で戦うのは間違いないでしょう。

東京喰種:re 154話のネタバレ予想記事はこちら

>>東京喰種:reのネタバレ154話まとめ

まとめ

今回は、才子の行動を中心に、東京喰種:re 154話のネタバレを予想してみました。

やはり、才子は戦いたくないと思うはずなので、第一選択は説得ではないでしょうか。そして、結局説得できずに戦闘が始まるという流れな気がします。これまで暴走を続けてきた六月と晋三平を、才子たちで止めることはできるのでしょうか?

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら