東京喰種:reのネタバレ感想 155話|15巻

シェアする

ここでは、東京喰種:re 155話の簡単なあらすじと、実際に読んでみての感想をご紹介していきます。内容的に、多少のネタバレがありますが、その点はご了承ください。

前回、六月の驚異的なRc値に衝撃を受けましたが、その強さの程はどの程度なのでしょうか?そして、瓜江や才子は本当に六月と戦えるのでしょうか?

それでは、東京喰種:re 155話のあらすじと感想をご覧下さい。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレあらすじ 155話

まずは、東京喰種:re 155話のあらすじを紹介します。

東京喰種:re 155話は、六月の回想から始まります。回想では、六月が服を洗っている時に佐々木琲世が入ってきて、六月が女性であることを見てしまいます。六月は、自分が女性であることを知られていないと思っていたようですが、さすがに佐々木は知っていたようです。

そして、佐々木が気づかないふりをして、自分についてくれた2つの優しい嘘に心を惹かれます。やはり、六月はトーカではなく自分こそが佐々木にふさわしいとおもっているようですね。

口では誰のものにもならないなら今のままでいいと言いながらも、どこかで自分のものになることを望んでいるのかもしれません。退かない六月に対し、瓜江が立ちはだかります。

一方、晋三平はシャオと髯丸を相手に劣勢となっていました。どうやら安浦清子も車いすのまま現場に来ているようで、そのことを知った晋三平は何か思うところがあるようです。

シャオ達には勝てないと悟ったのか、もしくは清子のことがあったのか、晋三平は戦意を喪失したようで、2人に肩を貸してほしいと頼みます。

六月と晋三平、瓜江らクインクス班は2人にもどってきて欲しいようですが、果たしてこのまますんなりといくものなのでしょうか?

東京喰種:reの感想 155話

続いては、東京喰種:re 155話の感想に移ります。

今回東京喰種:re 155話の回想では、なぜ六月があそこまで金木にこだわるのかが明らかになっていましたね。六月は、どうやら佐々木琲世がかつて自分についた、優しい嘘に心を打たれたようです。

誰のものにもならないなら今のままでいいと言う六月ですが、トーカを始末しようとしたことや、今回の言動から考えるに、まだ未練が強く残っていそうですね。おそらく、生きている限りはぬぐえないのでしょう。

もしかすると、どこかで瓜江たちよって裁かれるのを望んでいたりもするのかもしれません。ただ、瓜江はそんな六月の要求を聞く耳は持たないようですね。瓜江は、あくまで六月を連れ戻す気のようですし、六月を傷つける気もなさそうです。

また、晋三平の方はシャオや髯丸によって改心したかに見えますが、どうもこのまま終わるとは思えないんですよね。晋三平は、シャオと髯丸に肩を貸してほしいと頼みましたが、どうもこれが作戦のような気がしてなりません。

2対1で勝てないと見た晋三平は、肩を借りるふりをして2人に不意打ちを仕掛けるのではないでしょうか?なんとなくですが、もう後には退けないと思っているふしがありそうなんですよね…。

六月と晋三平が折れさえすればすぐにでも丸く収まりそうな状況ではありますが、この2人はそう簡単には折れそうにありません。なので、このクインクス同士のやり取りは、まだもう少し続きそうな気もします。

かろうじて、2人が改心するというパターンも見えてはきましたが、まだまだ可能性は低そうですね。

まとめ

今回は、東京喰種:re 155話のあらすじと感想をご紹介しました。

瓜江ら現クインクスの活躍で、かろうじて六月と晋三平に改心ルートが生まれたような気がしますが、まだまだ可能性は低いように思えます。東京喰種:re 156話で、この流れがどちらに転ぶのか、怖々ながら待つとしましょう。