東京喰種:reのネタバレ 156話|晋三平が裏切り…?

シェアする

東京喰種:re 156話のネタバレを予想するにあたって、六月だけではなく晋三平がどうなるのかも気になるポイントですよね。東京喰種:re 155話でシャオや髯丸に言いくるめられたように見えますが、その真意はどうなのでしょうか?

ここでは、晋三平が裏切る可能性も考え、東京喰種:re 156話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ 156話|晋三平はこのまま…?

今回は、改心したかに思われる晋三平が、再びシャオ達を裏切る可能性も考え、東京喰種:re 156話のネタバレを予想してみました。

現在の晋三平の状況ですが、安浦清子の足を奪ったことで金木を恨み、また喰種を恨んでいます。ただ、どうやら喰種を恨んでいるのは金木だけが原因ではなく、かつて安浦清子が戦いに身を投じていたのを喰種のせいだと思っていたふしもありそうですね。

今回、相変わらず金木を恨んでいる晋三平は、六月と行動を共にし、瓜江らクインクスの仕事を妨げました。しかも、いつの間にやら喰種と手を組んでいたCCGを見て、失望してもいるようですね。

そんな中、同じく同期のクインクスであるシャオ、髯丸と戦うことになるわけですが、さすがに2対1では太刀打ちできず、あっさり破れることになりました。

六月ほどの強さがあれば、2対1でも戦えるのかもしれませんが、晋三平が1人でシャオと髯丸を抑えるのは難しいのでしょう。

しかも、シャオから安浦清子が車いすに乗って現場に来ていることを聞かされ、戦意喪失といった状況です。ただ、これまで喰種に強い恨みを持っていた晋三平が、こんな簡単に喰種を受け入れるとは思えなくもあります。

確かに、シャオと髯丸に説得され、慕っていた安浦清子も喰種と手を組むことに納得していると知れば、これまでの行動の意味が薄れていくのは分かります。髯丸の言った、喰種どうこうより戦いがないのが一番という考え方も、晋三平なら納得できるはずです。

このまま晋三平が改心して丸く収まるパターンでも違和感はないと思うのですが、どこかすんなりいきすぎているような気もするんですよね。

東京喰種:reのネタバレ 156話|晋三平が裏切り…?

晋三平は、シャオに倒され諭され、起き上がる時にシャオと髯丸に肩を貸してほしいと頼んでいます。流れとしては別におかしくはないのですが、晋三平はそれほどダメージを追っていないように思うんですよね。

以前、四方に首を折られても生きていた晋三平が、シャオや髯丸と少し戦った程度で起き上がれなくなるものなのでしょうか?普段の晋三平であれば、肩を借りずに起き上がれる気がします。

仮に喰種を受け入れる仲間や安浦清子を見て精神的にまいっていたとしても、あえて2人の肩を借りる必要はないはずです。もし借りるにしても、髯丸1人で十分ですよね。

これまでの晋三平のキャラがあるからか、どうもこの2人の肩を借りるという行為が胡散臭く見えてしまうんですよね。もし、これが晋三平の策なら、肩を借りるふりをして2人をだまし討ちする可能性も考えられるのではないでしょうか?

東京喰種:re 156話で、瓜江ら1期クインクスの方は対話が始まりそうな流れですが、はやく解決しそうでもあった2期クインクスの方が戦闘が長引くかもしれませんね。

まぁ、シャオの言葉通り即座に安浦清子のもとに駆け付ける可能性もあるので、どちらかといえばそっちを期待したいですね。どうせなら六月にも晋三平にも改心してほしいものです。

まとめ

今回は、晋三平が裏切るかどうかを考え、東京喰種:re 156話のネタバレを予想してみました。可能性としては、まだクインクスに牙をむくこともあると思いますので、六月にしろ、いい形での解決を期待したいですね。