東京喰種:reのネタバレ 156話|瓜江が逆転!?

シェアする

東京喰種:re 156話のネタバレを考えるにあたって、瓜江がこの状況をどう変えるのかは気になりますよね。六月の暴走に対し、あくまで六月を守ろうとする立場を貫く瓜江、瓜江の行動は六月を変えるという偉業を成し遂げるのでしょうか?

ここでは、瓜江を中心に東京喰種:re 156話のネタバレを予想していきたいと思います。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ 156話|瓜江の行動が…

今回は、瓜江がこの状況をどう変えるのか考え、東京喰種:re 156話のネタバレを予想してきます。

現在の状況ですが、東京喰種:re 155話において、あくまで戦う姿勢を崩さない六月に対し、瓜江は六月の赫子を防御せずに体で受け止めるという行動に出ました。

確かに瓜江はクインクスなので、赫子で体を貫かれたぐらいじゃ致命傷にはなりませんが、さすがにダメージは大きいはずです。仮に、この行動でも六月になんの変化もなく、同じように攻撃してくれば、瓜江は負けてしまうかもしれません。

ですがこの状況、見覚えがあると思いませんか?僕がこのシーンを見て思いでしたのは、才子がフレームアウトした瓜江を止めたシーンでした。あの時も、才子は瓜江の攻撃を防御せずに体で受け、瓜江を抱きしめました。

つまり、瓜江は以前才子に助けられた状況を再現していることになります。もちろん意識しているかどうかは分かりませんが、かつて自分が才子に助けられたように、今度は自分が六月を助ける、これが瓜江の行動の根底にあるのではないでしょうか?

ということは、このまま六月が救われる可能性もあるということですよね。六月もこうなったしまったとは言え、瓜江や才子たちが嫌いになったわけではないはずです。おそらく、瓜江たちが六月の邪魔をしなければ、戦うことはなかったでしょう。

つまり、もし誰かが六月の怨念のような佐々木琲世への想いを取り去ることが出来れば、この絶望的な関係も改善するかもしれないということです。とは言え、いくら瓜江のが頑張っても、六月の佐々木琲世への想いが消えそうにないのもまた事実です。

この状況の中で、瓜江にこの状況を逆転するような策は残されているのでしょうか?

東京喰種:reのネタバレ 156話|瓜江が逆転!?

瓜江や才子が六月を助けようとしているのは分かりますが、瓜江にこの状況を逆転できるような手段は残されているのでしょうか?

現在六月の原動力となっているのは佐々木琲世です。ただ、今は佐々木琲世ではなく金木研に戻っているのですが、六月にとっては関係ないようです。つまり、中身が変わったからといって、六月は諦めてはくれないということです。

では、どうすればいいのかと考えると、佐々木琲世を超えるような人物を見つけるしかないのではないでしょうか?つまり、残された手段として考えられるのは、瓜江が六月の中で佐々木琲世よりも大きな存在となることです。

六月は佐々木琲世に対する想いから、今も佐々木琲世を追い続けています。では、佐々木琲世を忘れるには、六月が佐々木琲世よりも想える人物がいれば良いのです。

瓜江は、佐々木琲世の後を継いでクインクスを束ねたことで、心なしかかつての佐々木琲世に近づいてきているような気がします。もちろん、六月の中の佐々木琲世とは比べようもないでしょうけど、瓜江と六月という組み合わせもあっていいのではないでしょうか?

もし、六月の想い人が佐々木琲世から瓜江に変わるなら、この絶望的な状況を一気に逆転する可能性もあり得ると思います。

まとめ

今回は、瓜江の行動から東京喰種:re 156話のネタバレを予想してみました。

これまで六月はここで退場するしかないと思っていましたが、瓜江の行動で六月が改心する可能性も出てきた気がします。瓜江が六月の攻撃を受け止めたことで、東京喰種:re 156話では対話がメインになる気がしますので、結果次第では六月が帰ってくるかもしれませんね。

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら