東京喰種:re 157話のネタバレ|トーカと六月が和解?

シェアする

東京喰種:re 157話のネタバレを考えるにあたって、トーカと六月の関係がどうなっていくのか気になりますよね。瓜江や才子が六月を生かしたことで、CCGに残るなら今後は六月も喰種と協力することになります。となると、まずはトーカとの協力ですよね。

今回は、六月がトーカと協力できるのかどうかを考え、東京喰種:re 157話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:re 157話のネタバレ|トーカと六月が協力?

ここでは、今後協力することになるであろうトーカと六月の関係について考え、東京喰種:re 157話のネタバレを予想していきます。

現在の状況ですが、瓜江や才子が身を挺して六月を諭したことで、六月は考えを改めクインクスに戻る流れとなっています。クインクスに戻るということは、CCGの捜査官として喰種と手を組むということです。

六月の性格上、喰種と手を組むことにいまさら抵抗なんてなさそうですが、トーカと顔を合わすとどうなのでしょう?いかに頭では協力すると分かっていても、あれだけの怒りをあらわにしていたぐらいなので、そう簡単に割り切れるとも思えません。

最悪の場合、思わずトーカを攻撃してしまうということもあり得るのではないでしょうか?現在、瓜江や才子は負傷している状態ですので、六月を連れて一旦下に降りた方がトラブルを回避できるかもしれませんね。

まぁ、丸手の指示を受けている以上、瓜江がそう簡単に放棄するとは思えませんが…。金木を捜すという目的を考えても、1人でも多くの人手が欲しい状況ですしね。

晋三平は、安浦清子を助けるために下に降りるかもしれませんが、瓜江たちはほぼ間違いなく上に昇るでしょう。

東京喰種:re 157話のネタバレ|トーカと六月が和解?

トーカと六月の関係ですが、話の持っていき方によっては和解できるような気もするんですよね。

確かに、六月の中に佐々木琲世への想いは残っているようですが、それ以上にシャトーの環境が忘れられなかったんでしたよね。

もしかすると、トーカと金木が夫婦になったことよりも、シャトーから琲世を連れ去られた方が辛かったのかもしれません。もしそうなのであれば、今後の関係改善につながる可能性はあるような気がします。

結婚したとはいえ、六月たちが金木の教え子であることに変わりはありません。今後も瓜江たちがシャトーで暮らすのかは分かりませんが、金木が生きているならシャトーを訪ねてもおかしくないはずです。

また、トーカがまた喫茶店を開くのであれば、金木やクインクス、CCGの捜査官達が集まる場所となることもあり得ますよね。確かに、シャトーでずっと一緒に暮らすことはできませんが、関係をつづけることはできますからね。

もし、トーカと六月が話し合う場面があるなら、そのあたりをトーカが良いようにしてくれるのではないでしょうか。以前、トーカはアキラとヒナミ、そしてトーカ自身との因縁をうまく片付けていましたしね。

東京喰種:re 156話で、六月の根底にあるのはシャトーで過ごしていた頃の記憶だということが分かったので、トーカと六月の関係を改善する方法は、色々とあるように思います。

まとめ

今回は、トーカと六月の関係がどうなるのか考え、東京喰種:re 157話のネタバレを予想してみました。六月が瓜江たちによって改心したので、トーカとの関係も少しずつ改善していくのではないでしょうか…。

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら