東京喰種:reのネタバレ 157話|瓜江が合流して…

シェアする

東京喰種:re 157話のネタバレを予想するにあたって、気になるのは今後の展開ですよね。六月と晋三平を抑えたクインクス、このあと瓜江たちはどんな行動をするのでしょうか?

トーカを追って協力するのか、それとも下に降りて回復をするのか…、ここでは東京喰種:re 157話のネタバレを瓜江の行動から予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ 157話|瓜江が合流?

今回は、瓜江たちクインクスがどう行動するのか考え、東京喰種:re 157話のネタバレを予想していきます。

まず考えられるのは、メンバーがそろったクインクスがすぐに上に昇り、トーカに合流することです。当初、丸手のクインクスへの指示は、金属探知機が反応した場所に駆け付けることでしたので、引き続き任務を遂行する形です。

六月と晋三平という想定外の邪魔が入りましたが、本来の目的は金属探知機で金木を捜すことです。六月たちの襲撃により、金属探知機に反応があったトーカたちの班は、トーカだけになってしまっていますので、人員不足を補う意味でも合流は必要です。

現状では、六月と晋三平はひとまず改心したと考えて良さそうなので、連れていってもそれほど問題はないはずです。もし一緒に戦ってくれるなら、かなりの戦力になりますからね。

別の場所のように、Vたちが金木捜索を妨害してくる可能性もありますので、トーカ1人での探索はかなり危険です。トーカは、子供のこともあって動けなくなってきているので、誰かしらの助力は必須でしょう。

東京喰種:reのネタバレ 157話|別の選択も…

基本的には、クインクスとトーカが合流する流れが妥当だと思いますが、瓜江が別の選択をする可能性もあります。それは、六月たちを連れて降りることです。

六月がトーカをよく思っていないのは周知の事実です。これは、トーカ本人も分かっていますし、さすがに瓜江たちも気づいています。いかに六月が改心したとしても、トーカと会えば気持ちが揺らぐのは必然です。

六月の精神的な負担を増やさないためにも、瓜江が六月を連れて降りる可能性もあるかもしれません。晋三平にしても、下で叔母の清子が戦っていることを知ったので、本当ならばすぐにでも駆け付けて守りたいでしょう。

六月と晋三平だけが降りるという選択肢もありますが、この状況でさすがにそれはない気がします。この2人の組み合わせには、あまり良いイメージを持っていないでしょうしね…。

となると、上に昇る組と下に降りる組を分けるパターンもあるかもしれませんね。例えば、六月と晋三平、お目付け役としてシャオあたりを下に降ろし、瓜江と才子、髯丸は上に上がるという流れ出す。

また、瓜江ら1期クインクスは上に、晋三平ら2期クインクスは下にというパターンもあるかもしれませんね。六月には少し酷ではありますが…。

今回の戦闘で一番ダメージを受けたのは、瓜江と才子です。負傷者を降ろすという考えもありますが、メンバー的にそれはなさそうですよね。となると、可能性が高いのは、全員で上がるか、1期が昇って2期が降りるというパターンのどちらかではないでしょうか。

まとめ

今回は、瓜江たちクインクスがどんな行動をとるのか考え、東京喰種:re 157話のネタバレを予想してみました。現在の状況を考えると、やはりトーカと合流して金木を捜すというのが一番の目的なので、少なくとも瓜江や才子はトーカを追いかけるでしょう。