東京喰種:reのネタバレ 157話|Vやピエロの襲撃が…

シェアする

東京喰種:re 157話のネタバレを予想するにあたって、気になるのは一度捜査官達を襲撃してきているVの存在ですよね。それ以降なりを潜めているとはいえ、金属探知機に反応があったこのタイミングで襲撃してくる可能性は十分にあります。

今回は、Vやピエロが襲撃してくるかもしれないとして、東京喰種:re 157話のネタバレを予想していきたいと思います。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ 157話|Vの襲撃が…

ここでは、Vがからんでくる可能性があるとして、東京喰種:re 157話のネタバレを予想していきます。

まず、Vの行動についてですが、CCGと喰種が共闘を決めて金木を捜査を始めると、これを狙い撃つように捜査官達を襲撃してきました。確かに、一般的な捜査官たちはVの存在を知らないので、何が起きたかの把握はできないかもしれません。

ですが、なぜVは捜査官達を襲撃してくるのでしょうか?そもそも、旧多と手を組んで和修を廃した意味もよく分かりません。今回の一件だけなら、人間と喰種の共存を嫌がったと判断できますが、和修家一掃については疑問が残ります。

そもそも、芥子ら帽子のVたちは、和修に仕えていた、もしくは和修の人間のはずです。和修のものが、なぜ和修を狙うのでしょうか?

芳村もVに所属していたことから考えるに、Vの帽子の連中は和修の血縁ではない可能性があります。だとすると、何か意にそわないことがあって、現和修を潰したとも考えられます。

いずれにせよ、金木が復活して、人間と喰種が共存するような未来はお望みではなさそうなので、トーカの邪魔をしてくる可能性は高いと言えるでしょう。

東京喰種:reのネタバレ 157話|ピエロの襲撃も…

金木捜索の邪魔をしてくる勢力は、V以外にも考えられます。それがピエロです。

ピエロは、ボスこそ瓜江に討たれていなくなりましたが、ドナートやウタ、イトリ、ニコと主力は未だ健在です。それぞれ、何を考えて動いているのかよくわからない連中ですが、このタイミングで絡んでくる可能性はあるでしょう。

いまいち何がしたいのか分からない連中ですが、旧多についてVと立場を同じくしていたことから考えても、Vと同じような目的を持っているかもしれません。

ただ、ピエロがいなくなった以上、集団としての目的はなくなっているかもしれませんので、完全に個人の感情の赴くままといった流れなのかもしれません。戦いも好きそうですしね。

ドナートは、亜門や瓜江とのいざこざが残っていそうですし、ウタやイトリも四方たちと何かしらひと悶着ありそうです。

旧多がいなくなり、六月や晋三平も大人しくなった今、金木捜索を邪魔する最後の障害は、Vとピエロという2つの団体に絞られたのではないでようか?

まとめ

今回は、Vとピエロが襲撃してくるパターンを考え、東京喰種:re 157話のネタバレを予想してみました。どちらも未だ謎に包まれている団体なので、物語の終盤で大きく関わってくるような気がしますよね。東京喰種:re 157話からがどんな展開になるのか楽しみですね。

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら