東京喰種:reのネタバレ158話|金木は暴走する?それとも…

シェアする

東京喰種:re 158話のネタバレを予想するにあたって、気になるのはやはり金木がどうなるのかですよね。ようやく登場した主人公の金木、ですがこれから金木を待ち受けているのは辛い現実です。

今回は、金木がどうなるのかを考え、東京喰種:re 158話のネタバレを予想していきたいと思います。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ158話|金木は暴走する?

ここでは、金木がどうなってしまうのかを考え、東京喰種:re 158話のネタバレを予想します。

まず、現在の展開ですが、金木はどこだか分からない神社のような場所で目を覚まし、何も分からずにさまよっている状況です。外にでると、海のように水が満ちた景色が広がっており、その中には多くの人が沈んでいました。

そして、東京喰種:re 157話の最後に現れたのはリゼ、ここから金木との会話が始まるのでしょう。

下に多くの人が沈んでいることから察るに、リゼが金木に話すのは、金木が暴走して多くの人を食べたことでしょう。もちろん、証拠は沈んでいる人達です。

そのことを聞いた金木が暴走していた頃の記憶を思い出すか、その事実を認識し、苦しむような展開になると考えるのが自然ですかね。

これまで、金木は人の命を奪わないという信念を持って動いていたので、それを自ら破ってしまったと知ると、かなり絶望するはずです。場合によっては、精神が壊れて暴走することも考えられます。

そうでなくとも、竜は金木の意思でコントロールできるものではなさそうなので、すでに暴走状態です。ここに金木自身の暴走が加わると、おそらく手が付けられなくなることでしょう。

これまで、リゼは金木が暴走状態になるきっかけのようなタイミングで出てきていたので、今回もそうなるような気がします。やはり、金木の暴走は避けられないのでしょうか?

東京喰種:reのネタバレ158話|金木は助かる?

金木が暴走しそうな一方で、ここまできたら金木が助かるルートも残されているような気がします。それが一旦暴走してからなのか、暴走しかけている時なのか、それとも暴走自体しないのかは分かりませんが、最終的には助かるルートがあると思います。

そして、金木を助けるのはやはりトーカでしょう。ただ、これまで金木の脳内世界にトーカが出てきたイメージがないんですよね。金木の脳内に出てくるのは、リゼ、ヒデ、ヤモリが定番です。

となると、トーカよりヒデの方が可能性が高いのかもしれませんが、これまでと今とでは金木のトーカに対する想いが全く違います。実際、157話で金木はトーカを捜していたので、トーカを忘れていないのは間違いないでしょう。

気になるとすれば、トーカの指輪をつけていないことなんですよね。もしかするとシャツの中にあるのかもしれませんが、脳内世界なのもあってか指輪が見当たりません。

今回、金木を助けるためには指輪の力が大きいので、今の金木のもとに指輪がないと少し心配ではあります。

ですが、トーカの声が聞こえるかもしれませんし、トーカの接近に合わせて指輪が道を示してくれるような展開もあるかもしれません。金木が助かるとすれば、トーカが間に合った時でしょう。

まとめ

今回は、金木がどうなるのかを考え、東京喰種:re 158話のネタバレを予想してみました。現状、金木が暴走するルートが整っていますが、トーカが金木のもとへと向かっているので、トーカの働きに期待するとしましょう。