東京喰種:reのネタバレ158話|今度のリゼは…?

シェアする

東京喰種:re 158話のネタバレ予想において、金木の脳内世界であろう場所に出てきたリゼが気になりますよね。金木は、これまでもたびたび脳内にリゼを登場させていましたが、今回の登場も同様の理由なのでしょうか?

ここでは、リゼが出てきた理由やそれによる影響を考え、東京喰種:re 158話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ158話|今度のリゼも虚構?

ここでは、金木の脳内世界であろう場所に登場したリゼを中心に、東京喰種:re 158話のネタバレを予想していきます。

まず、気になるのはなぜリゼがこの世界にいるかです。これまで、金木の脳内世界には、何度もリゼが登場していましたが、それは金木が作り出した虚構であり、本当にリゼがいたわけではありません。

ただ、これまでの流れで、リゼが出てきた後は金木が暴走することが多かったように思います。ですが、今回の登場も今まで通り虚構なのでしょうか?

現在金木がいる世界は、現実世界ではないことは明らかです。ですが、これが金木の脳内なら、金木が知らないはずの人間が沈んでいるのは少しおかしいですよね。もちろん、金木が記憶を抑え込んでいるだけで知っているのかもしれませんが、少し違和感があります。

経験としては多くの人を食べた記憶が残っていたとしても、記憶としては残っていませんよね。それなら、脳内の世界で食べたであろう人間を作り出すのはできないような気がします。まぁ、あいまいな世界なので言い切ることは出来ませんが…。

それよりも、金木が取り込んだ人物が収められている、竜の内部の世界だと考えた方が、しっくりくるような気がするんですよね。リゼにしても、旧多からリゼの核を取り込んでいますし、リゼの赫包を使ったオッガイ達も大量に食べているので、いてもおかしくないはずです。

東京喰種:reのネタバレ158話|リゼの核の影響は?

金木は、旧多の中にあったリゼの核を取り込んでいます。旧多や嘉納は、これが竜を作り出す最後のピースだと考えていました。

和修政の話ぶりからも、その最後のピースというのは和修の血がまざった赫包ということなのでしょうか?確かに和修はこれまで多くの共喰いを繰り返していますので、化け物のような赫子が出てきても不思議ではありません。

ただ、あれほどまでに大きな赫子なので、どこまで金木の体に影響しているのか分からないですよね。金木がああなったのは、オッガイを食べ始めてからです。オッガイはリゼの赫包をベースにしているので、リゼの赫包を大量に取り込んだことになります。

さらに、旧多からリゼの赫子を取り込んだことで、竜の体内にリゼの赫包が大量に存在していることになります。ということは、実体こそ保っていなくても金木がいる世界に出てきたリゼは、本物であるとも考えられますよね。

そして、リゼの赫包が竜化の原因なら、リゼの核を取り除けば元に戻れるような気もします。さらに、今の世界が竜の内部なら、沈んでいる人間は一応形として残っているとも考えられます。

かつて、旧多が竜は人を生み出す可能性があるというおとぎ話を話していましたが、リゼの赫子を抑えることが出来たら、今の金木の世界で沈んでいる人間が生み出される可能性はないのでしょうか?

まだ真相は分かりませんが、リゼの赫包や核を取り込んでいることと、リゼが金木の前に出てきたことは、無関係ではないような気がします。何にせよ、158話で少しはその理由が見えてくるかもしれませんね。

まとめ

今回は、リゼがなぜ出てきたのかを考え、東京喰種:re 158話のネタバレを予想してみました。金木の暴走と再び金木の前に出てきたリゼは、どこまで関係があるのでしょうか?