東京喰種:re 158話のネタバレ|トーカは間に合う?

シェアする

東京喰種:re 158話のネタバレを予想するうえで、これから真実を知るであろう金木に対し、トーカがどのようにからんでくるのかが気になるところです。暴走することも考えられる金木ですが、事が起きる前にトーカは間に合うのでしょうか?

ここでは、トーカによる金木救出が間に合うのか考え、東京喰種:re 158話のネタバレを予想してみます。

スポンサーリンク

東京喰種:re 158話のネタバレ|トーカは間に合う?

今回は、トーカの行動から東京喰種:re 158話のネタバレを予想していきます。

現在のトーカですが、六月に襲われたものの瓜江らクインクスに助けられ、金属探知機を持って金木を捜しに走っている状況です。ただし、六月との戦闘があったことで、捜査を続けられるのがトーカだけなので、かなり厳しい状況となっています。

一方、金木はというと、これまで何度もあったような脳内世界に似た場所にいるようです。神社のような建物で目を覚まし、外は一面海のように水で満たされています。神社の出口からは、道でもあるかのように鳥居が並んでおり、水の底にはたくさんの人が沈んでいます。

157話の最後、金木はリゼを前にするのですが、あまり良い予感はしませんよね…。金木が脳内でリゼと対話すると、だいたい暴走だとか性格が真逆になっているイメージがあるので、今回も悪い方向に動く可能性があります。

金木が作り出した虚構なのか、金木がリゼの核を取り込んだからなのかは分かりませんが、金木の前に現れたリゼは、おそらく金木がしたことを説明してくれるでしょう。

これまで、金木は人間の命だけは奪わないよう徹底していましたので、今回意識がないとは言えど大量に人を食べた事実を知れば、暴走してしまってもおかしくはありません。自分の行動に絶望し、リゼに飲まれる展開も普通にありそうですよね。

今回のリゼが金木の暴走を望んでいるのか、金木の復活を望んでいるのかは分かりませんが、暴走する可能性を考えると、トーカは急がなければならないかもしれませんね。

東京喰種:re 158話のネタバレ|トーカの声が届く?

脳内か現実か分からないとは言え、金木の意識が出てきたということは、金木が目を覚ます時も近いということではないでしょうか?

あの竜が金木の意思で動くとは思えないので、この場合の金木が目を覚ますは再び竜が暴走しだすことのように思えてしまいます。仮に金木がリゼから真実を聞かされたことで暴走しそうになったとして、金木を救うのはやはりトーカでしょう。

現在、トーカは金木に渡した指輪を頼りに金木を捜しています。実際に、金属探知機も反応していましたので、金木が指輪をつけていることは間違いないでしょう。

ただ、脳内世界と思われる場所にいた金木は、指輪を繋いだネックレスをつけていませんでしたよね。これが何を意味するのかは分かりませんが、金木が暴走したり水の底に引き込まれそうになったとき、金木を助けてくれるのはトーカであり指輪ではないでしょうか?

暴走寸前まで追い込まれている時に、トーカの声が聞こえて目を覚ます、そんな展開があってもいいですよね。今やトーカは金木にとって一番大事な人なので、トーカの声であれば金木も反応できるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、トーカによる金木救出が間に合うかどうか、また救出できるのかどうかを考え、東京喰種:re 158話のネタバレを予想してみました。

金木を助けられる可能性が高いのはトーカであり、トーカの両親の指輪が導いてくれているので、間に合うことを期待したいですね。