東京喰種:re 159話のネタバレ|トーカの声が…

シェアする

東京喰種:re 159話のネタバレ予想において、気になるのはどうやって金木を助けるかです。おそらく、金木を助けることができそうなのはヒロインのトーカぐらいですよね。トーカは、何もしないと絶望していく金木を助けることができるのでしょうか?

今回は、トーカが金木を助けることができるのかを考え、東京喰種:re 159話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:re 159話のネタバレ|トーカの声が…

ここでは、トーカを中心に東京喰種:re 159話のネタバレを予想していきます。

現在、金木はリゼとの会話によって何もしないことを選択しそうな状態です。何もしないということは、竜の暴走に身を任せるということ、つまり生きることをあきらめることになります。

これまで、何かと自分が犠牲になろうとしていた金木でしたが、トーカと結婚して子供が出来たことで、生きたいと願うようになっていました。ということは、再びトーカのことを思い出させてあげれば、金木に生きようとする力が生まれるのではないでしょうか?

金木が生きようとすれば、少なからず竜の動きにも影響がでるかもしれません。その影響が竜の動きを抑えるものならば、さらに金木救出の可能性が上がりますよね。

となると、やはり重要なのはトーカになるでしょう。金木にトーカのことを思い出させるには、トーカが金木に接触するしかないでしょう。とは言え、金木は今赫子の奥深くに眠っています。

それなら、トーカたちができる方法は1つですよね。現在、金属探知機によってある程度の場所は分かっているので、あとは金木を目指してトーカとクインクスで一気に掘り進めていくだけです。

赫子なのですぐに修復するかもしれませんが、一瞬でも道が出来れば声が届く可能性はありますよね。手は届かなくとも、声なら金木に届く可能性はあるかもしれません。

トーカとクインクスが赫子を掘りながら声を届けられれば、金木が再び生きたいと思うようになれるかもしれませんね。

東京喰種:re 159話のネタバレ|トーカの指輪で…

もし、金木が何もせずに最初のように意識を失っていたとして、トーカたちの声が聞こえれば何らかの反応は期待できるかもしれません。

今の脳内世界では身につけていないようですが、金木はトーカの指輪をネックレスにしているはずです。金属探知機が使えるのも金木が指輪を持っているからですし、鈴屋もこのことを確認しています。

では、なぜ脳内世界に指輪がないのでしょうか?ここからは想像でしかありませんが、金木は指輪のことを忘れるほど絶望し、追い込まれているのではないでしょうか?

トーカの声が届き、また生きたいと思えれば、自然と指輪を感じるようになりそうです。過去に、金木は指輪を見てトーカを想い出すと話していましたしね。

トーカの声をきっかけに指輪の存在を再確認し、トーカを見つけることこそが、金木が生き残るための道筋なのかもしれませんね。

まとめ

今回は、トーカがどうやって金木を助けるかを考え、東京喰種:re 159話のネタバレを予想してみました。159話では、もう少し金木とリゼの展開が続くのかもしれませんが、そろそろ外の状況の描写もありそうです。

トーカやクインクスは、金木を見つけることができるのでしょうか?