東京喰種:reのネタバレ感想 159話|15巻

シェアする

ここでは、東京喰種:re 159話の簡単なあらすじと、実際に読んでの感想をご紹介します。内容的に、どうしても多少のネタバレがございますので、その点はご了承ください。

前回、158話でリゼに追い詰められた金木、このまま再び暴走してしまうのでしょうか?それとも完全に眠って、リゼのなすがまま竜として破壊を続けるのでしょうか?

それでは、東京喰種:re 159話のあらすじと感想をご覧下さい。

スポンサーリンク

東京喰種:reのあらすじ 159話【ネタバレあり】

まずは、東京喰種:re 159話のあらすじを簡単に紹介していきます。

東京喰種:re 159話の始まりは、引き続き金木とリゼのシーンからです。前回の158話で、金木は諦めたものと思っていましたが、まだなんとか意識を保っています

リゼとの会話も続いており、まだ大丈夫のようです。ただし、相変わらずリゼに精神的に追い詰められており、頭を抱えて苦しんでいます。やはり、人間を手にかけてしまったのが大きいのでしょう。いつものように、全てを自分のせいにして悩んでいるわけですね。

金木は、リゼに妄想なのかと尋ねていましたが、明確な返答は帰ってきませんでした。リゼとの問答を続ける金木、果たして金木はどんな決断を下すのでしょうか?

東京喰種:reの感想 159話

続いては、東京喰種:re 159話の感想に移ります。

今回の159話も、引き続きリゼとの対話でした。てっきり前回のやりとりで金木は眠るものだと思っていましたので、まだ会話が続くのは予想外でした。金木も、さすがに強くなっているということでしょうか?

リゼは、旧多に捕まって赫包を分けられ、全てオッガイの中に詰め込まれていたようです。金木がオッガイ全員を食べ、さらに核を取り込んだことで、金木の中で再び集結した形です。ということは、やはり金木の中にいるのは本物のリゼなのでしょうか?

赫包に意識があるとは思えないのですが、金木の場合はよく分からないですね…。臓器移植で稀に性格が変わるケースがあるという話があったような気がしますが、あの感じなのでしょうか?

いずれにせよ、リゼの赫包が金木の中で完成したと考えるべきなのでしょう。その場合、金木は完全に喰種になったということなのかもしれません。

しかし、あの金木がリゼの問答に負けなかったのは、衝撃的でした。これこそ、金木の成長ですよね。金木が成長できたのは、やはり仲間でありトーカのおかげでしょう。

特に、トーカと結婚して子供ができたのは大きいはずです。あれから、金木は生きようと思うようになりましたしね。そういった意味では、トーカこそ金木の一番の理解者だったのかもしれませんね。見事に、金木が命を大事にするようになりました。

将来、金木が無事に生還して、トーカや子供と一緒に暮らすようになれば、金木は尻に敷かれることになりそうですね。そうなるためにも、やはり金木には助かってほしいものです。

まとめ

今回は、東京喰種:re 159話のあらすじと感想をご紹介しました。東京喰種:re 159話は、リゼの言葉に負けなかったという点で、金木の成長を見せられたような回でした。160話からは、金木救出の展開に戻っていきそうですね。

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら