東京喰種:re 161話のネタバレ|六月がCCGに…?

シェアする

東京喰種:re 161話のネタバレについて考えるにあたって、六月が今後どうなっていくのかは気になる要素の1つですよね。160話では、不本意ながらトーカを助ける形となっていましたが、今後どうなっていくのでしょうか?

ここでは、六月の視点から、東京喰種:re 161話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:re 161話のネタバレ|六月がCCGに…?

今回は、六月を中心に東京喰種:re 161話のネタバレについて考えていきます。

まず現在の状況ですが、六月は金木と結婚したトーカに腹を立てて彼女を襲っていましたが、結局瓜江と才子に説得されて今はクインクスに身を置いています。

現在のクインクスの目的は、金木を捜すことでありトーカを守ること、六月は不本意ながらもその任を全うしています。

他の2期クインクスである髯丸、シャオ、晋三平の姿が見えなかったのは、3人が清子の元へ移動したからでしょうか?160話でトーカを守っていたクインクスは、瓜江、才子、六月の1期クインクス3人だけでした。

しかし、あれだけ色々と暴走した六月は、このまま大人しくCCGに帰るのでしょうか?六月は、オッガイの指揮官として旧多の元で多くの喰種を駆逐してきました。ですが今、CCGは喰種と手を組んでいます。中には、六月たちに恨みを持つ者もいるかもしれません。

更に、六月は金木をおびき出すために依子にもひどいことをしています。依子を処断しようとし、さらには夫の武臣を挑発して彼をも牢に閉じ込めました。CCG内でも行き過ぎた捜査やネジがとんだような行動をとっていたので、六月はCCGに帰りにくいかもしれませんね。

ただ、幸いにも六月の異常性を見ていたのはクインクスや武臣らほぼ同期の者だけです。彼らが受け入れれば、特に変わったことなく六月はCCGに帰れるかもしれませんね。

東京喰種:re 161話のネタバレ|六月が琲世の代わりに…

では、六月はCCGに帰ってどんなことをするようになるのでしょうか?

六月は誰よりも琲世を見てきたはずです。それなら、琲世が上官としてどんな行動をとっていたかもわかるはずですよね。

そもそもCCGが残るかどうか分かりませんが、六月のポジションとしては、後輩を指導する琲世のようなポジションがぴったりなのではないでしょうか?おそらく、誰よりも繊細な心を持っているであろう六月なので、教え子からも慕われるように思います。

また、六月のクインクスとしての能力も貴重です。クインクスを担当している柴先生の話によると、六月はRc細胞をコントロールしきっているんでしたよね。Rc値も「3」という人間よりも低いような数値を示していました。

瓜江は、人間の食事が摂れなくなっていた時、Rc値が高値を示していましたよね。琲世時代の金木も、かなり高いRc値を記録しています。

ということは、Rc値が低い六月は人間の食事が食べられるということなのでしょうか?何にせよ、Rc細胞の数値を抑えられる六月は、喰種の医学応用に大きく貢献できるような気がします。

確か、六月は頭も良かったはずなので、できるなら貴未やニシキと一緒に喰種の医学応用に貢献してほしいものですね。クロナあたりも、ここに入れそうですよね。

いずれにせよ、六月にはCCGの中でまだまだやるべきこと、出来ることが残されていると思うので、このまま瓜江たちと一緒にCCGに帰ってほしいものです。161話あたりで、依子や武臣とも和解できるといいですね。その場合、間を取り持つのは才子あたりでしょう。

まとめ

今回は、六月の今後について考え、東京喰種:re 161話のネタバレを予想してみました。瓜江たちに説得されて、なんとか協力している六月、このままCCGに帰って以前のような姿を取り戻してほしいですね。