東京喰種:reのネタバレ 161話|トーカが金木に…

シェアする

東京喰種:re 161話のネタバレを考えるにあたって、金木を見つけたトーカがこの後どうするのか気になりますよね。おそらく、身体的にも精神的にもかなりのダメージを負っているであろう金木、トーカはそんな夫を救えるのでしょうか?

今回は、トーカの視点から東京喰種:re 161話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ 161話|トーカが金木に…

今回は、トーカを中心に東京喰種:re 161話のネタバレを予想していきます。

前回160話の最後、トーカはクインクスたちの援護のもと、なんとか金木を掘り起こすことができました。金木は意識がないようですが、これで少しは光が見えてきたのではないでしょうか?

トーカが金木を見つけることが出来た理由として、金属探知機はもちろん金木本人の意思もあったような気がします。金属探知機を頼りに金木を捜していたトーカは、頼りにしていた指輪を見つけるも、それは金木の複製と思われる腕に絡まっていただけでした。

ここで一旦絶望したトーカでしたが、さらに掘り進めていると金木の赫子から手が生えたような描写がありましたよね。これこそ、金木の決意が生んだ生きようとする意思なのではないでしょうか?

そして、金木が助けを求めたのはおそらくトーカ、つまり金木を掘り起こせたのはトーカならではだったように思えます。金木は意識を失っているようなので、この場でどうこうすることはできないでしょう。

可能性としては、金木が赫子に取り込まれていて抜けないケースがあると思うので、その時にクインクスと協力して無理矢理ひっぱり出すぐらいでしょう。

特に何事もなく、金木を連れたトーカをクインクスが守りながら、下へと降りていくシーンがあるかないかというだけというのもあり得ます。161話は、CCG内で眠る金木を治療する場面から、というのもありそうですしね。

そうなると、トーカが活躍するのは金木が目を覚ましてからでしょう。

東京喰種:reのネタバレ 161話|トーカが金木を守る

おそらく、金木が目を覚ましたとして、金木は人を食べたことや暴走したことをひどく後悔するでしょう。リゼとの話で背負うと言っていたので、全ての罪をかぶって犠牲になることは無いと思いますが、精神的なダメージは計り知れないはずです。

これまで、頑として人間を食べないという強い意志を持って動いていたので、オッガイ達とは言え自分の意思で人間を食べたこと、無意識ながら多くの一般人を食べたことは金木の絶望させるはずです。

おそらく、自ら命を絶つまではしなくても、金木ならコクリアに入るなどと言い出しそうですよね。それよりもまず喰種とCCGが手を組んでいることに衝撃を受けそうですが…。

こういった金木の精神的なダメージをケアできるのは、やはりトーカですよね。トーカがいるから、金木も生きようとしたのだと思いますし、トーカだから金木を見つけることができたはずです。

そもそも、トーカと金木が結婚していなければ、金木が指輪をネックレスにして持っていることはなかったわけですからね。さすがの金木もトーカの前で無茶はできないでしょうし、いったんCCGにさえ帰れれば、金木は助かりそうですね。

問題は、金木を掘り起こせなかった時や、邪魔が入った時でしょう。まだVやピエロは残っていますので、金木救出を妨害してくる可能性はありますからね…。

おそらく、クインクスが守ってくれるはずですが、金木の近くにいるトーカが巻き添えをくわないかが心配です。おそらく、トーカは子供の関係でもうほとんど動けない状態でしょうからね。

まとめ

今回は、トーカを中心に東京喰種:re 161話のネタバレを予想してみました。161話はこのまますんなり金木を救出してCCGに戻るか、邪魔をされて戦闘になるかのどちらかでしょう。個人的には、すんなり救出できる可能性が高いのではないかと思っています。