東京喰種:re のネタバレ 162話|才子が喰種に…?

シェアする

東京喰種:re 162話のネタバレを予想するうえで、気になるのは才子の状態ですよね。金木を救出する時の分離赫子との戦いで異変が生じた才子、果たしてどんな影響があるのでしょうか?

今回は、赫子から何かしらの影響を受けた才子の状態を考え、東京喰種:re 162話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:re のネタバレ 162話|才子が喰種に…?

今回は、才子がどうなるのかを考え、東京喰種:re 162話のネタバレを予想します。

東京喰種:re 161話では、金木を救出するために分離赫子と戦い瓜江たちを守る才子の姿がありました。ですが、才子の前で竜の赫子が爆発したことで、才子の身に異変が生じます。

才子はクインクスなので、左眼だけが赫眼になっているのですが、なんと右眼までもが赫眼になったのです。さらに、右側の赫子が才子の意思では操れなくなり、暴走しているようでした。

才子は何とかこれを抑え込んだようでしたが、このまま何の影響もないとは思えませんよね。もしかすると、完全に喰種化する可能性もあるのかもしれません。

161話では、最後の方に元人間が喰種になったであろうシーンがありましたので、もしかすると才子のように近くで竜の赫子が爆発すると、喰種になり得る何かを浴びてしまうのかもしれません。

才子がダメージを受けていないことから考えて、ウイルス感染のようなものかもしれません。だとすると、避けようがないですよね…。

もし、才子が喰種化しているのだとすれば、次に才子が赫子で戦おうとすれば、フレームアウトにより暴走してしまうかもしれません。もしくは、もっと早くに影響が出る可能性もあります。

現状、才子はクインクスなのでまだコントロールできるかもしれませんが、他の捜査官が同じようになると危険かもしれませんね。

東京喰種:re のネタバレ 162話|六月が才子を救う?

もし、才子が完全に喰種化してしまった場合、才子は食事をとれないどころか場合によってはフレームアウトによる暴走もあり得ます。

そんな才子を救える可能性があるとしたら、やはり六月ですよね。

六月は、Rc細胞を完全にコントロールしており、その数値は「3」という驚異的なものでした。これは、クインクスどころか人間よりも低い数値です。どうやってそのレベルまで達したのかは分かりませんが、何にせよ六月はRc細胞を最もコントロールできている人物です。

ということは、六月からRc細胞をコントロールする手段を教われば、喰種化しているかもしれない才子でも、Rc細胞をコントロールできるかもしれません。うまくいけば、喰種化自体をなかったことにできるかもしれませんね。

旧多たちは、リゼを「竜」として作り上げたようですので、才子が受けた影響が竜の分離赫子によるものなら今後も喰種化する人は増えるかもしれません。

人を赫子にしようとする旧多側と、喰種の力をコントロールしようとするCCG側、もしかするとこれまで暴走していた六月が、ここにきて一番の切り札になるかもしれませんね。

もし、才子が喰種の力で暴走しそうになるなら、六月が助けてくれるのを祈るしかないのでしょう。

まとめ

今回は、才子の状態を考え、東京喰種:re 162話のネタバレを予想してみました。

竜の赫子が目の前で爆発したことで、才子の喰種の能力に明らかな影響が出ていました。才子がどうやって抑え込んだのかは分かりませんが、これで影響がなくなるとは思えません。

果たして、才子は無事でいられるのでしょうか?

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら