東京喰種:reのネタバレ163話|竜が人間を喰種に!?

シェアする

東京喰種:re 163話のネタバレを考えるにあたって、気になるのは金木がいなくなっても残っている竜ですよね。金木が核で、助けだすと崩壊すると思われていた竜ですが、どうやらそうはいかないようです。果たして、旧多は竜で何がしたいのでしょうか?

今回は、竜が何なのかを考え、東京喰種:re 163話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ163話|竜が人間を喰種に!?

ここでは、竜が何をもたらすのかを考え、東京喰種:re 163話のネタバレを予想していきます。

金木が救出されたことで崩れると思われていた竜の赫子ですが、期待もむなしくその形を保っています。動きこそしないものの、機能を停止したという感じではなさそうです。

竜に関して、一番気になるのは竜が喰種を生んでいる節があるところです。しかも、作り出しているのではなく、人間を喰種に作りかえているのです。今のところ、竜に関しての詳しい情報はありませんが、確認できているだけでも1つ心当たりがあります。

それは、竜の赫子が161話で才子に影響を及ぼしたことです。

>>東京喰種:re のネタバレ 162話|才子が喰種に…?

才子は、クインクスなのである程度Rc細胞が高い数値を示しているはずですが、それでも影響があったということはかなり危険ですよね。

161話では、才子の目の前で竜の赫子が破裂した後、才子は普段は普通の右眼に赫眼が発現し、赫子が暴走していました。才子はクインクスなので、普段赫眼になるのは左眼だけです。にもかかわらず、赫子が破裂すると両眼に発現したのです。

赫子が暴走するということは、体内のRc値が上がったと考えられます。通常、人間のRc値と比べて喰種のRc値は高い数値となっています。では、もし人間のRc値が上がったらどうなるのでしょうか?

人間のRc値が上がり、喰種と同じ数値になったとしたら、喰種化のような状態になるとは考えられないでしょうか?

確か、不知の妹はRc細胞過剰分泌症という病気でしたよね。Rc細胞が異常に増殖する、今回の状態に似ていませんか?

もし、竜の赫子が破裂した時に出る何かが体内に入ることで、Rc細胞が増えてRc値が増加するなら、人間は簡単に喰種なりRc細胞過剰分泌症になり得るということになります。

東京喰種:reのネタバレ163話|竜が人間を作り変える!?

もう1つ、今ある情報の中で竜の効果と考えられるものがあります。それは、金木の体内にあった複数の臓器です。

金木の体内には、当たり前ですが臓器は複数存在しなかったはずです。もし、臓器というのが赫包なら、オッガイを食べたのであり得るかもしれませんが、人間の臓器なら不自然です。

金木の体は、喰種と同じようなものですよね。じゃあ、喰種が人間を食べたら体内に臓器が残るのかという話です。もちろん、残るわけはありませんよね。となると、金木の体内にある臓器は竜によるものだと考えることができます。

金木救出の背後で旧多が暗躍していましたが、その背景には喰種になったであろう人間が描かれてしましたよね。最初は、才子のように竜の赫子による影響を受けたのかと思いましたが、別の可能性が出てきました。

すなわち、竜の体内に入ることで、体の構造が作り変えられることです。金木の体内に複数の臓器が入っていたように、竜に食べられた人の体内にも別の臓器が入ってくる可能性があります。

竜が食べたものの中には、人間だけではなくオッガイもいましたよね。ということは、オッガイの赫包が人間の体内に入ることもあり得るのではないでしょうか?

そうなれば、Rc細胞の上昇どころではなく、完全に喰種になります。もしかすると、旧多が宇井に話していた人間が生き返るというのは、竜の体内で赫包を入れられるなど再構築されて生き返るという意味なのかもしれません。

だとすれば、旧多の目的は人間を喰種に変えることなのでしょうか?相変わらず、よく分からないですね…。

まとめ

今回は、竜が人間を喰種に変える可能性があると考え、東京喰種:re 163話のネタバレを予想してみました。今のところ、あり得そうなのは才子が受けた赫子による方法と、金木のようにとりこまれて何かしらの影響を受ける方法です。

果たして、竜は何をするためのもので、旧多の目的はなんなのでしょうか?

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら