東京喰種:reのネタバレ164話|金木の判断は…?

シェアする

東京喰種:re 164話のネタバレを考えるにあたって、気になるのは金木がこれからどうするのかですよね。自分がしたことの贖罪という流れにはなりそうですが、具体的に何をどうするのかはまだ未知数です。

そこで今回は、金木が今後何をしようとしているのかを考え、東京喰種:re 164話のネタバレを予想してきます。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ164話|金木の判断は…?

ここでは、金木の今後について考え、東京喰種:re 164話のネタバレを予想していきます。

東京喰種:re 163話でついに目を覚まして動き出した金木、自分が犯した罪を直視するためか、瓜江と才子に付き添われてそ外の状況を見に行きます。しかし、目を覚ましていきなり出かけるとは、よほど思い詰めているのでしょうか?

そんな金木のことがよくわかっているのか、瓜江は良い働きをしますね。1人で動かないように釘を刺し、自分たちも協力することを暗に表明しています。

金木の瓜江へのイメージは、CCGにいた頃で止まっているはずなので、相当驚いているのではないでしょうか?かつての師としては、嬉しいんじゃないですかね。

3人が街を歩いていると、衝撃の光景を目にします。空腹のあまり人の肉を食べていると思われる喰種、瓜江は仕方がないといった感じでしたが、金木と才子の反応は違いました。その人物は、かつて20区のCCG支部にいた受付の女性で、もとは完全な人間なのです。

才子も、匂いの違いに気づいたようで、動揺しています。ここで、追い打ちをかけるような旧多のあの報道、完全に彼の狙いですよね。

現在、CCGにはRc細胞が異常に増殖しているであろう患者が多く運ばれてきているので、金木たちの情報も合わせて事態を把握することになるでしょう。平子がこぼした、「人間が喰種になる時が来ると有馬が話していた」という事態が、今まさに起きているのです。

金木は、この光景を見て、かつての自分を思い出すのではないでしょうか?まるで、金木が嘉納にリゼの赫包を移植された時と同じですからね。ということは、金木の判断は何となく予想がつきますよね。

東京喰種:reのネタバレ164話|金木は喰種化した人を助ける?

金木は、かつて自分が意図せず喰種にさせられたことで、苦しみぬいた経験があります。確かに、喰種になったことで良い出会いもありましたが、尋常じゃない苦痛も多かったはずです。

そんな時に、同じような思いをしている人達が目の前に大勢現れた、力になりたいと思わないわけがありませんよね。

丁度、報道によって元凶が旧多であろうことがわかりそうなので、CCGで妥当旧多という流れになり、ここに金木も参加するのではないでしょうか?

もし、金木が本格的に作戦に加わるなら、ヒデの指示で金木が動くというなんとも嬉しい展開になるかもしれません。おそらく、旧多の頭脳に対抗し得るのは、ヒデぐらいのものでしょうからね。

>>東京喰種:reのネタバレ164話|旧多が動く…

金木が作戦に参加するとして、喰種化に関しては貴未たちに任せるしかないので、金木たちは元を断ちにいくことになるでしょう。丁度、竜の核がリゼであろうという情報を金木が持っていますので、何かしらの予想はたつはずです。

金木が目を覚ましたことが、CCGにとって追い風となり、人間の喰種化という出来事を経て人間と喰種が理解し合える時代が来ると良いですね。

まとめ

今回は、金木が今後どうしていくのかを考え、東京喰種:re 164話のネタバレを予想してみました。

金木のことなので、竜の贖罪もかねて喰種化していく人間を助けたいと言い出すはずです。これまで辛い思いをしてきたからこそ、金木は人を助けようとする気がします。瓜江の助言通り、今回こそは人を頼って欲しいですね。

>>東京喰種:re 164話のネタバレ|瓜江が金木を補佐する…?

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら