東京喰種:re 165話のネタバレ|六月の可能性が凄い!

シェアする

東京喰種:re 165話のネタバレを予想するにあたって、六月の可能性って凄い気がするんですよね。今CCGに起きている不利なことは、だいたい六月がいればなんとかなるとさえ思えてしまいます。

そこで今回は、六月の可能性について考え、東京喰種:re 165話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:re 165話のネタバレ|六月なら才子を助けられる?

ここでは、六月がいることで改善できそうな状況について考え、東京喰種:re 165話のネタバレを予想していきます。

現在の状況ですが、才子が金木救出の時に近くで竜の赫子が破裂したことで、毒を受けた状態となっています。毒を受けると、Rc細胞が暴走するのかRc値が急上昇するようで、才子にもRc細胞過剰分泌症のような症状が出ています。

Rc細胞過剰分泌症という名の通り、この症状はRc細胞が増えRc値が上昇することと大きく関係しています。症状がでるからRc値が上がるのか、Rc値が上がるから症状が出るのかは分かりませんが、Rc値をコントロールできたら症状が抑えられると思いませんか?

Rc値のコントロールと言えば、六月ですよね。通常、喰種は人間よりもRc値が高く、フレームで保護しているとはいえ、赫包が体内にあるクインクスも人間より高い数値の示すのが普通です。

にもかかわらず、六月の数値はなんと3という小ささで、これは人間よりも低い数値となります。この数値が示すのは、六月がRc細胞をコントロールしきっているという事実とのことです。

もし、六月がRc細胞をコントロールする方法を教えられるのであれば、才子に出ているRc細胞過剰分泌症の症状も抑えられると思いませんか?

六月が人間の食事を摂れるのかどうかは分かりませんが、コントロールする方法があるなら、才子は助かるかもしれません。しかも、もしかすると才子だけではなく他の喰種化した人間に対しても効果があるかもしれませんよね。

ここに来て、Rc細胞をコントロールできる六月と言う存在が、かなり重要なものになってきた気がします。

東京喰種:re 165話のネタバレ|六月なら竜と戦える?

今回、竜の赫子と戦ったことで、竜の赫子の毒が金木には効かないことが分かりました。

これで、金木は竜と戦えることになりますが、1人だけでは到底勝ち目がありませんよね。相手は竜だけではなく、旧多やV、さらにピエロもいそうなので普通に考えて1人では無理です。

かといってCCGの捜査官達は普通の人間なので、竜の赫子に近づくことはできません。さらに、クインクスの才子もあの状態になったことから、喰種にとってもリスクがあるのかもしれません。

となると、金木以外どうしようもないのかと思ってしまいますが、ここで候補に上がるのはやはり六月です。

金木に竜の毒が効かないのは同化していたからかもしれませんが、Rc値をコントロールできる六月なら毒に対抗し得るのではないでしょうか?

もし、Rc細胞を完全にコントロールできる六月が毒に対抗できるなら、六月は貴重な戦力になりますし、新たな可能性が見えてきます。その可能性は、六月が他の人にコントロールする方法を教えることです。

仮に、Rc値が高いものじゃないと教えられないとしても、CCGにはクインクスがいますし、今や黒山羊の喰種もいます。

もし、竜の毒が喰種にとっても毒だったとしても、六月がコントロールする方法を教えられるなら、なんとかなるかもしれません。

今まで、金木の妨害ばかりしていた六月ですが、ここにきて人類を救うほどの活躍を見せてくれるかもしれませんね。

まとめ

今回は、六月の可能性について考え、東京喰種:re 165話のネタバレを予想してみました。Rc細胞をコントロールしている六月は、今後間違いなく貴重な存在になるはずなので、彼女の働き次第で状況が大きく変わるかもしれませんね。

>>東京喰種:reのネタバレ165話|才子が離脱か…

>>東京喰種:reのネタバレ165話|金木の赫子が変化…?

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら