東京喰種:reのネタバレ165話|才子が離脱か…

シェアする

東京喰種:re 165話のネタバレを予想するにあたって、気になるのは才子の状態ですよね。金木救出の際に近くで分離赫子のような生き物が破裂して以降、赫子の暴走が続いています。才子は、このまま離脱してしまうのでしょうか?

今回は、才子の状態を考え、東京喰種:re 165話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ165話|才子が離脱か…

ここでは、才子がどうなるのかを考え、東京喰種:re 165話のネタバレを予想していきます。

まず、才子の状態についてですが、以前竜の赫子が近くで破裂したことで、赫子が暴走するようになっています。落ち着いたかに思えていましたが、やはり無理だったんですね…。

東京喰種:re 164話で、再度竜の分離赫子のような生き物が近づいてきたことで、完全に暴走してしまいました。しかも、喰種化するというよりは、Rc細胞過剰分泌症のような症状です。

不知の妹は、Rc細胞過剰分泌症で顔から赫子のようなものが生えてきていましたよね?才子も同じように、顔から赫子が生えたようになっています。ということは、不知の妹も同じようなことがあったということなのでしょうか?

何にせよ、クインクスである才子でもこうなってしまうのであれば、人間だと近づきようがありませんよね。近くで破裂しただけでRc値が急上昇し喰種化してしまうわけですから、人間だと逃げようがありません。

そもそも、クインクスの才子でRc細胞過剰分泌症のような症状が出ているので、喰種でもどうかといったところでしょう。

いずれにせよ、才子にはRc細胞過剰分泌症のような症状が出ているので、このまましばらく離脱することになるかもしれませんね。

東京喰種:reのネタバレ165話|六月が才子を…

現在の才子ですが、竜の赫子が近くて破裂したことで、Rc値が以上に上がったためにあの僧正が出ているんですよね。それなら、Rc値を抑えることができれば、あの症状も抑えられる可能性があるはずです。

Rc値をコントロールするといえば、六月ですよね。通常、喰種の赫包をフレームで体内に埋め込んでいるクインクスは、人間よりも高いRc値を持っていました。

ですが、六月はクインクスにもかかわらずRc値は3という人間よりも低い数値を示しているのです。これは、Rc細胞を完全にコントロールしているからとのことでした。

六月はクインクスであるため、普通の人間には同じようなことはできないかもしれませんが、同じクインクスである才子だと可能性があるのではないでしょうか?

しかも、才子は赫子を自由に作り変えているので、Rc細胞をある程度操ることができるはずです。六月は、才子との戦いで才子の「メガトン才子パンチ」と同じものを赫子で作っていたので、赫子の扱いとRc細胞のコントロールは関係していそうです。

それなら、才子にもRc細胞をコントロールできるかもしれないということですよね。六月が才子にRc細胞の扱いを教えることができれば、もしかすると才子のRc細胞過剰分泌症も抑えられるかもしれませんね。

さらに言えば、その方法を人間にも教えることができるとしたら、喰種化してしまった人間たちの症状も、改善する可能性が出てくるのかもしれません。

意外にも、この事態を救うのは六月なのかもしれません。

>>東京喰種:re 165話のネタバレ|六月の可能性が凄い!

まとめ

今回は、才子の状態から今後を考え、東京喰種:re 165話のネタバレを予想してみました。

Rc細胞過剰分泌症のような症状を抑えられるかは分かりませんが、才子もクインクスとしてRc細胞のコントロールしている経験があるはずなので、やりようによっては現場に復帰できるかもしれませんね。

>>東京喰種:reのネタバレ165話|金木の赫子が変化…?