東京喰種:reのネタバレ166話|金木VS旧多なるか…?

シェアする

東京喰種:re 166話のネタバレを予想するにあたって、別働隊として動く金木の動きも気になりますよね。アヤトと動くのは、前回のラボ以来になりますね。もはや、アヤトにとっては義理の兄にあたるわけですが、そのあたりにも触れるのでしょうか?

今回は、金木たちの動きに注目して、 東京喰種:re 166話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ予想166話|金木が卵管を止めていく

ここでは、金木やアヤトの動きを考え、 東京喰種:re 166話のネタバレを予想していきます。

まず、別働隊である金木とアヤトの目的ですが、落とし児を生み出す卵管を止めることにあります。人選については、金木は毒が効かないからで、アヤトは地下に精通しているからです。現在、卵管は9個のうち1個停止しているので、残りは8個です。

アヤトの地下探索は、あまり報われないのかと思っていましたが、地味に役に立っていますね。アヤトが、金木が苦手な尾赫に強い羽赫であることからしても、いい組み合わせです。

ただ、アヤトは毒をくらうわけにはいかないので、結局戦闘になれば金木が戦うことになりそうです。

ここからの展開としては、CCG組が持ちこたえている間に、いかに早く金木たちが卵管を停止させるかになってくるでしょう。

まだ動いている卵管は8個あるので、本来なら人海戦術をとりたいところですが、毒があるのでそうもいきません。やはり、止められるのは耐性があるとわかっている金木だけです。

貴未の分析で何となくの目安はついているので、この場所にかけるしかなさそうです。人海戦術になるなら、2人だと分が悪すぎますからね。あとは、CCG組がピエロやVの攻撃に耐えられるかどうかでしょう。

東京喰種:reのネタバレ予想166話|金木VS旧多なるか?

金木達が卵管を止めようと動くなら、どこかで旧多に遭遇することは間違いないでしょう。

さすがに穏便にすむわけがないので、遭遇したら勝負になりそうです。ただ、旧多は金木しか来れないことも想定していそうなんですよね。むしろ、金木をおびき出そうとしているとさえ思います。

これまで、金木は旧多の手のひらで踊らされているような形でしたので、また旧多の思い通りという気がしてなりません。

今回は、ヒデが指令を出しているので、期待はできそうですが、旧多の頭脳はかなり厄介です。アヤトが助けてくれるかもしれませんが、毒がきたら動けなくなりますからね。

場合によっては、アヤトが毒をくらって動けなくなることもありそうです。あの金木の未知数の力が、解毒作用でも持っていればいいですが、そう都合良くいくとも思えません。

ただ、金木は唯一毒が効かない人物ですし、新しい赫子も出ているので、まだまだ隠された力があると信じたいですね。

まとめ

今回は、金木たちの動きから 東京喰種:re 166話のネタバレを予想してみました。

いかに旧多の予想を越えられるかが重要になるので、金木の未知の力がどこまで使えるかが今後に関わってきそうですね。