東京喰種:reのネタバレ167話|エトが彼女の正体…?

シェアする

東京喰種:re 167話のネタバレ予想をするうえで、気になるのはエトが彼女と呼ばれていた梟の正体なのかどうかです。やはり、彼女と呼ばれていたからには梟の正体はエトなのでしょうか?それとも、また別の話なのでしょうか?

今回は、彼女と呼ばれる生き物の正体がエトだとして、東京喰種:re 167話のネタバレを予想していきます。

スポンサーリンク

東京喰種:reのネタバレ167話|エトが彼女の正体!?

ここでは、エトが彼女と呼ばれる存在の正体である可能性を考え、東京喰種:re 167話のネタバレを予想していきます。

東京喰種:re 165話の最後は、空から巨大な生き物が降ってきたシーンで終わっていましたが、166話であれが梟だということが判明しました。ドナートらピエロの会話から、おそらくあの梟が彼女と呼ばれる存在だと予想出来ます。

梟で彼女と言えば、もはやエトしかいませんよね。確かに、エトの体は金木たちが回収したわけではありませんので、使われていてもおかしくありません。あの時、コクリアに残っていたのはドナートらピエロやV、旧多ですからね。

>>東京喰種:reのネタバレ167話|Vの正体が判明…?

仮に、彼と呼んでいたら芳村もあり得たかもしれませんが、彼女と呼んでいることからエトである可能性が高いでしょう。鈴屋が頭部をはねた後、包帯を巻いた女性の体が現れたことから考えても、エトである可能性が高そうです。

ただ、エトというよりは、エトの体を使った何かという印象ですね。エトの頭部には十字架のようなものが刺さってしましたが、これはどうにもドナートっぽいですね…。ドナートには、死体を操る能力でもあるのでしょうか?

東京喰種:reのネタバレ167話|エトを操っているのはドナート!?

ドナートの赫子の能力についてはよく分かりませんが、エトと思われる包帯の女性に十字架が刺さっていたことから考えるに、何かしらの関与があると考えられます。

ドナートの赫子は、まるでいくつもの小さな十字架が合わさったような形をしていましたので、そのうちの1つがエトの体に刺さっているという考え方です。

ウタは赫子を使って自在に顔を変えていましたので、ドナートクラスになるとある程度人を操ることもできるような気がします。実際、瓜江と戦った時は指を使って自分の分身を作っていたぐらいですからね。

分身じゃなく、少し操るぐらいなら最低限の赫子でできるような気がします。梟は、一見暴走しているようにも見えますが、ちゃんと標的はCCGという感じでしたからね。

仮に、あれが竜による赫子の化け物なら、CCGやピエロなんて関係なく周囲を襲うはずです。ただ、竜の落とし児や赫子が関係している可能性はあるので、油断はできないでしょう。

頭部を切り落としてエトらしき体が出たことで暴走しているようでしたので、これから何が起こるか分かったものではありません。果たして、エトは何をされたのでしょうか?

そして、宇井たちはこの梟を退けることができるのでしょうか?

まとめ

今回は、彼女と呼ばれる梟の正体がエトだと仮定し、東京喰種:re 167話のネタバレを予想してみました。

CCGと旧多サイドとの戦いですが、かなり面倒なことになっていますね。相変わらず、旧多側の戦法は、えげつないというかぬかりのないものですね。非情さという面では、金木たちは一生勝てないのではないのかもしれません。

>>東京喰種:re 167話のネタバレ|クインクスVSピエロ!?