東京喰種:reのネタバレ感想 167話

シェアする

ここでは、東京喰種:re 167話の簡単なあらすじと、実際に読んでみた感想をご紹介します。内容的に、どうしても多少のネタバレが入ってきますので、その点はご了承ください。

前回、エトだと思われる梟を討ち取ったかに思えた宇井や鈴屋達でしたが、期待もむなしく梟はさらに暴走します。Vたちにも苦戦を強いられており、CCGにとっては絶望的な状況となる中、何らかの打開策はあるのでしょうか?

それでは、東京喰種:re 167話のあらすじと感想をご覧下さい。

スポンサーリンク

東京喰種:reのあらすじ167話【ネタバレ注意】

まずは、東京喰種:re 167話のあらすじから簡単に紹介していきます。

前回の東京喰種:re 166話で、鈴屋に首を斬られながらも暴走を続けた梟、東京喰種:re 167話でも相変わらず桁違いの強さを見せつけます。

不死身というかほとんどゾンビのような梟の存在を前に、CCGは防戦一方となります。

一方、平子の口からはVたちの真実が少し語られます。どうやら、帽子のVたちも旧多や有馬と同じく半人間だったようです。ただ、旧多と組んだことで喰種化しており、その強さは以前をはるかにしのぐと考えた方が良さそうです。

さらに、梟が新たな動きを見せ、CCGはさらに劣勢になります。果たして、この局面を乗り切ることはできるのでしょうか?

東京喰種:reの感想 167話

続いては、東京喰種:re 167話を読んでの感想です。

東京喰種:re 167話を読んで、一番に思った感想は「これは勝てる気がしない」です。倒れることなく暴走を続ける梟に喰種化したV、これにピエロも加わってくるなら、CCGに勝ち目なんてありませんよね。

正直、生きていた頃のエト、いわゆる梟でさえ特等たちが束になってようやく対抗できるレベルでした。ですが、今の梟は倒れることがないゾンビのような状態です。

梟の強さで倒れないとなると、勝ち目なんてないですよね。しかも、今はV達も戦いに参戦してきています。幸いにも、まだピエロは戦場に出てきていないようなので、まだましではあるのかもしれませんが、それでもCCGは追い詰められています。

もし、どうやって動いているのかよく分からない梟が倒れたとしても、相手側にはピエロという大駒もあります。おそらく、梟相手だけでも相当な数のCCG捜査官がやられると思われるので、ピエロが出てきたとしても相手ができる捜査官が何人残っているかのレベルでしょう。

何にせよ、このままだと梟の相手だけで全滅もあり得るので、これは金木たちに急いでもらうしかないのかもしれませんね。

まとめ

今回は、東京喰種:re 167話のあらすじと感想をご紹介してみました。完全に詰んだような展開ですが、まだここから何とかあがくことができるのでしょうか?そして、金木は竜を止めることができるのでしょうか?