東京喰種:re 168話のネタバレ|ピエロも参戦…?

シェアする

東京喰種:re 168話のネタバレ予想において、ピエロの動きは気がかりです。傍観者としては登場していますが、未だに何もしていないのがかえって不気味です。すでに、梟とVたちとで相当CCGを殲滅しているので、ピエロが加われば終わるのではないでしょうか?

今回は、そんなピエロの動向から、東京喰種:re 168話のネタバレを予想してみます。

スポンサーリンク

東京喰種:re 168話のネタバレ|ピエロが梟を使った理由は?

ここでは、ピエロの動きを考え、東京喰種:re 168話のネタバレを予想していきます。

まず、CCGが苦戦していた梟についてですが、おそらくあれはドナートの力で操っているものだと予想出来ます。理由はやはり、エトらしき体の頭部についていた十字架です。

あれは、ドナートの赫子とよく似ていますよね。ただ、その場合はドナートが死人を操れるという最悪の能力が発覚します。そうなるとドナートがいる限り、いくらでも強い戦力が作れますよね。

しかも、今回の梟のように首を斬っても倒れないとなると、もはや人間では戦いようがありません。それに加えて最後の爆発、あれは何だったのでしょうか?

Vは、梟の爆発を待っていたかのような反応を見せましたが、本気で戦っていなかったのはこのためでしょう。しかし、Vにしろ梟にしろ本気で戦っていませんがこれはなぜなのでしょうか?

正直、梟とV、ピエロが同時に戦えば、CCGを倒せていたはずです。時間稼ぎが目的とのことですが、CCGを倒せるならそれが一番の時間稼ぎだと思うのですが…。

ピエロやVの現在の戦力だと、CCGを倒しきれないのでしょうか?それとも何かCCGを残しておきたい理由でもあるのか…。ピエロが参戦しないことには、どんな理由があるのでしょうか?

東京喰種:re 168話のネタバレ|ついにピエロが参戦か…?

これまでずっと傍観していたピエロたちですが、梟が爆破?したので、ここから参戦してくるとも考えられます。

都合よく、梟の爆発で外にいためぼしい捜査官達は倒せていそうなので、あとは中にいる指揮官たちです。ここでピエロが動けば、CCGを一網打尽にできそうです。

ただ、これが作戦ならなぜピエロはCCGがVや梟と戦っている時に乗り込まなかったのでしょうか?

Vや梟がCCGをひきつけている間に本部を落とす流れなら、タイミングをずらす意味が分かりません。完全に後ろを追われない形を整えたかったのでしょうか?

そもそも、普通に戦ってもドナートやVがいる旧多側はCCGに負けないはずです。宇井や平子、鈴屋あたりだと戦闘になるかもしれませんが、あとの捜査官だと相手にすらならないでしょう。

わざわざ梟を使って場を整えた意味がよく分かりませんが、何か実験でもしたかったのでしょうか?それとも、さすがにCCG全員が相手だとピエロやVと言えど負ける可能性でもあるのでしょうか?

確かに、今は黒山羊もいるので普段のCCGよりは戦力が整っています。もしかすると、金木が出てくると踏んで警戒しているのでしょうか?それなら納得できる気もします。

何にせよ、金木がいないとふんでピエロが本部に踏み込んできたら、中には四方やトーカ、ヒナミ、ミザあたりしか主だった戦力がいないので、支えきれない気がします。

ただの時間稼ぎで終わってくれればいいですが、もし攻めてこようものなら今の戦力では防ぎきれない可能性が高いでしょう。

まとめ

今回は、ピエロがここからどんな動きを見せるのか考え、東京喰種:re 168話のネタバレを予想してみました。ピエロの目的がいまいち読めないのでどう動くか予想するのは難しいですが、動かれたら厄介なことになるのは間違いないでしょう。

現在【東京喰種:re】のアニメが放送中ですが、「見逃した!」もしくは「知らなかった…」という方でもお得に見返す方法があります。

 

ここで紹介する方法を使えば、今なら過去に放送された【東京喰種】のアニメ1期と2期や、OVA作品の【JACK】や【PINTO】まで楽しむことができます。

 

>>気になる東京喰種のアニメを実質無料で見る方法はこちら