東京喰種:reのネタバレ感想168話

シェアする

ここでは、東京喰種:re 168話の簡単なあらすじと、実際に読んでの感想をご紹介します。内容的に、どうしてもある程度のネタバレはありますので、その点はご了承ください。

前回、梟の圧倒的な攻撃によって大々的な被害を被ったと思われるCCG、果たしてどれだけの捜査官が生き残っているのでしょうか?また、目を覚ました落とし児を相手どることになった金木とアヤトは、どうなってしまうのでしょうか?

それでは、東京喰種:re 168話のあらすじと感想を紹介します。

スポンサーリンク

東京喰種:reのあらすじ168話【ネタバレ注意】

まずは、東京喰種:re 168話のあらすじを簡単に紹介します。

前回東京喰種:re 167話の最後は、金木とアヤトの前で、大量の落とし児たちが目を覚ましたシーンで終っていました。案の定、落とし児たちは金木とアヤトに襲い掛かってきます。

もちろん、相手をしている暇はないので、金木は先を急ぐのですが、なんとアヤトが落とし児の相手をするためにその場にとどまったのです。もちろんアヤトは、毒の耐性を持っていないので、明らかに無謀な戦いとなります。

>>東京喰種:reのネタバレ169話|アヤトは限界か…?

一方、梟の圧倒的な攻撃が炸裂したCCG本部前では、なんとかメインの捜査官たちは生き残っていました。宇井はアラタを起動した鈴屋に守られ、他の捜査官達もクインクスの赫子で守られた形となりました。

ニシキや月山達喰種は、さすがに喰種だけあって無事のようです。ただ、問題はこの状況をどうやって覆すかですよね。

圧倒的に不利な状況を前に、ついにCCGのブレーンたちが動きます。CCGの一手は、この戦況を打開することができるのでしょうか?

東京喰種:reの感想168話

続いては、東京喰種:re 168話の感想に移ります。

金木を先に行かせるために殿となったアヤト、これってかなりまずい状況ですよね。かろうじてマスクの隙間から見えるアヤトの顔は、すでにRc細胞過剰分泌症の症状が出ているように見えたので、このまま戦えば動けなくなるでしょう。

それどころか、Rc細胞の異常増殖で、喰種と言えども命が危ないのではないでしょうか?つまり、アヤトは自分の命を犠牲にして金木を先に進ませたということです。

アヤトは、金木を行かせた後、彼を兄と呼んでいたのでこれはいよいよかもしれません。ただ、アヤトほどのキャラをここで無駄死にさせるのは勿体ないので、できれば生き残ってほしいところです。

なんとか、喰種ということでRc細胞過剰分泌症の症状が弱まったりはしないのでしょうか?もしくは、地下喰種が瀕死のアヤトを助けにくるパターンもあるかもしれません。

何にせよ、アヤトはここから先へは進めませんので、旧多やリゼと接触するのは金木だけということになりそうですね。

CCG本部前も、なかなか激しい展開になってきました。クインクスが本格的に参戦したことで、梟との戦いも過熱しそうです。Vも引き続き攻めてくるかもしれないので、さらなる激戦になるかもしれませんね。

また、ここでは書いていませんが、CCGの一手により、かねてより楽しみだった戦いも実現しそうです。このままいくと、東京喰種:re 169話はかなりあつい展開になるのではないでしょうか?

まとめ

今回は、東京喰種:re 168話のあらすじと感想を紹介しました。東京喰種:re 168話では、CCGが一手を放ったことで、さらに戦いが大きくなりそうな展開になりました。ついに、あの人の本気も見れるかもしれないので、どんな戦いになるのか楽しみですね。